2018年11月13日火曜日

雑記

<<追記20181113
昨日からようやく落ち着いている。
今日も市役所寄って用を足した。
あんまりやりたいこともない。
日課も昨日から再開である。

外国語について
--------------------------------------------
世界につながるには
やっぱり外国語でしょう。
そういう世界があることを認識する。
そうやって日本につながる。
日本語も変化する。
それがグローバルスタンダードである。
世界と日本が連動する。
そういう認識が新しい考えを生み出す。
必要なのは世界に訴える心である。
それが外国語によってつながる。
まさに心が外国語なのである。

それなのに英語が受験対策になっている。
それが悲劇である。
それぐらいしか差がつかない。
そのための試験になっている。
必要なのは心である。
我々は心を取り戻す必要がある。

なのに入試試験の関門になっている。
多くの人があきらめる原因になっている。
あんまりいい傾向にない。
変な競争の道具になっている。
こんな人材の墓場はない。
それがかえって世界を閉ざす原因である。
もっと明るい未来にすべきである。
それが競争によって台無しである。
学歴と職歴の崩壊である。
もっと基礎学力とはなんなのか見つめ直す必要がある。
それがすっぽり抜け落ちているから変な競争になっている。
まともな競争になっていない。
それが心からしてそうである。
それは外国語に限らない。

世界に訴えるような勉強をすべきである。
日本でなんて視野がせますぎる。
世界と日本が連動すべきである。
それが競争の道具に成り果て大事なものを失っている。

従って今までの職歴と学歴は詐欺である。
ただの権力争いである。
だいぶ軌道修正した方がいい。
ただあるのは外国語は心である。
魂の叫びに外国語を使うべきである。
なので日本語も世界に向かって作るべきである。
そのための思考のトレーニングが言語なんだろうと思う。
泳ぎきれそれが言語である。
それが私の実感である。
--------------------------------------------

今日も書き込みをしてしまった。
本音を言う人いないのかと文句たらたらである。
なんにも私が書き込む事ないと思うけど
あんまりにエリート意識ばかり先行してて現状が見えていないと思う。
つまり現実が見えてないから私が書き込む事になっている。
本当に情けない日本しか見えてこない。
それで本当に日本が良いのか私には疑わしい。
そんな現実を無視しているから私が書き込む事になっている。
もっとまともな競争すべきである。大げさにテストなんて詐欺の詐欺である。
つまり競争になっていない。ただかっこつけてラクしているだけである。
なので現状は学歴と職歴の崩壊である。もっと汗をかく必要がある。
すずしい顔して気取っているだけである。
私はただただあきれてる。だからこんな酷評をしている。
それでもフェードアウトしたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181113end

2018年11月10日土曜日

御殿場駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20181110
今日はスタートとゴールが御殿場駅だった。
目標はキリン御殿場蒸留所だった。
一応ビデオ見て見学してお土産もらって帰った。
途中紅葉もあって秋らしく坂道だったけど歩いた。

家に帰ってもやる事あって疲れた。
明日もやる事がある。明日の夜にそれを報告出来たらいいなあと思っている。
一応プリンターとデジカメとパソコンを買った。
古いパソコンは先週廃棄した。
プリンターは複合機を買わなかった。
そのためスキャナー代わりに古い複合機を使おうと思っている。

明日は家にいることが大部分なのでゆっくり出来ると思う。
とりあえず月曜から安定するように持っていきたい。
面白いのか大変なのかあんまりわからない。
それでも今日も一歩一歩である。
心配なのは日課がこなせるかというのが気になる。
それなりに新しい機械のため非常事態宣言なので仕方ない気もするけど
そんな時ぐらい欲張っても仕方ない気もする。

それでもなんか生活は便利になる気はする。
古い機械も良く耐え抜いてもらった。
かわいいと言えばかわいい気はする。
キモイのとは違う気がする。
それぐらい使った気はする。

もういくら異次元空間の人だって関わりたくない人だったら
色々文句も出てくる。そんなのに付き合うほど暇時じゃあない。
ここまで来ると疫病神だぐらいしかない。
なんでそんなのに私が関係あるのかわからない。
つまらないくだらないどうでもいい何でそんな奴が特別なのかわからない。
それをキモイというのであってかわいいじゃあない。
それが私に何の関係があるのかわからない。
使えない奴だぐらいしかない。いい加減もうラクにしてもらいたい。
それが正直な気持ちである。
60歳まであと16年あんまり時間が無いというのが正直な気持ちである。
子供も成人しないで還暦である。
子供に対して私も私で無責任な人生を送っている気もする。
これは私の力ではどうしようもない歳なんだろうと思う。
それが私の今の実感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181110end







2018年11月8日木曜日

雑記

<<追記20181108
なんかテストに対する意見が
私には神経質ででっかいテーマだった。
テストには複雑な感情である。

大げさに言えばなんかテスト対策は詐欺である。
もっと王道がある気がする。
他のことやってたらテストをパスしたぐらいで十分である。
それなのにテストに特化した人達がいる。
罪は無いけどテスト自体が無意味である。
もうここまでくると学歴職歴自体が罪悪である。
この日本のどこが明るいのか私には理解不能である。
もっとまともな活動とはなんなのか真剣に悩んだ方がいい。
誰も考えようとしない。
無駄な競争ばかりしている。
本末転倒である。
もっと王道とはなんなのか考えた方がいい。
それもなくテスト対策に特化している。
もっと気軽にテスト受けるべきである。
いつか合格するぐらいでいい。
なのにシャニムニ競争しようとする。
問題が大きくなるばかりである。
テストありきから離れるべきである。
もっと大事なことは他にたくさんある。
テストなんて二の次でいい。
それでようやく世の中が本筋になる。
テストにこだわるのもこだわらないのも問題である。
たかがテストされどテストである。
そんな浮いたテスト感が大事である。
それがなんか私の実感である。
あてになるようであてにならないテストのように思う。
ほとんど最終的に間接的にテスト出来ればいいと思う。
なのに最初からテストに走るのは問題あり過ぎである。
なので基礎学力はテスト受ける前にあるべきであってテストは過程にすぎない。
そんな軽さがテストには必用な気がする。
なのにテストに特化しようとする。
それがテストを変質させてる気がする。
だけどそんな軽さがないと
ものの本質にはいたらない気がする。
それが私の感じる自然である。
自由でいる可能性は軽いことでもある。
そこで本質にふれる気がする。
なのでテストにも軽くなるべきである。
それが私の感じるテスト感である。
なので必死こいてやるもんじゃあないと思う。
若い頃は徹夜ぐらいで十分である。それなのにテストで競争している。
もっと結果に対して競争すべきである。なのに競争の道具に成り果てている。
それが失敗の原因だと思う。それが学歴や職歴にあらわれている。
何にも日本が良いように思わない原因である。
もっと結果に対して貪欲であるべきである。それがテストの本末転倒にあらわれている。
もっとテストは軽くあるべきである。

今日も書き込みした。
それでもここんとこ忙しい。本音はゆっくりしたい。
忙しくても一歩一歩暇でも一歩一歩のように思う。
出来るだけフェードアウトしたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181108end

2018年11月7日水曜日

雑記

<<追記20181107
昨日話しの途中でジョージ・ガモウの話になった。
一応ロシアからアメリカに帰化した人である。
私が大学院生の研究がこの人の縁である。
アメリカ人では研究がニッチであるとの評もあるらしい。

子供向けに小説を書いている。
物理と遺伝子とかの小説である。
遺族が最新の科学に改訂している。
ちょっと本としては高いけど沼津図書館には存在している。

物理ではビッグバン元素合成で宇宙の大部分を占める
元素の水素とヘリウムの存在率を証明してノーベル賞をとっている。
今の宇宙全体が三度Kであることを予言していた。
私が大学の頃は宇宙背景放射が話題で観測の人がノーベル賞も出ていた。
その後遺伝子の研究をしたようだが失敗したらしい。

昨日の話だとパスカルのパンセの話もした。
学校の無い時代で父親の教育で育てられた時代で
ノーベル賞も存在していなかった。
パスカルの死後遺族が書き残したものを集めて出版した。
クレオパトラの鼻が高かったらとか
人間は考えるアシであるとか名言が残ってる。
なんかデカルトは科学がシステマチックな世界論だったのに対して
ちょっとパンセは科学に冷静だったようで対極にあるらしい。

私がこんな事を書くのは
月曜日の影響があると思う。私の文章が他人に評価されていないと他人に言われた。
そうかもしれないけど私のために言っている気がしなかった。
ほとんど見えない他人に向かって言っている気がした。
私のことなんて眼中にないそう言っているように聞こえた。
そんな手前この人に何を言っても無駄だなと思った。

私は私で物理に対して成果をあげた気でいる。
ここまで書いてきたのもそれがあるからだと思っている。
私が書く意味がある。それだから書いているのである。
それがジョージ・ガモウとパスカルに私自身かぶっている気がして
今の科学としても十分成立している文章のように思うが
誰も考えないから私が考えるになっている。
それぐらい文章を書くというのはそれぐらいのバックボーンがあるからだと思う。
それを評価されていないとか評価するとか私には別次元である。
私には無関係な事言って私より他人に言っている気がした。

私にはもっと私のこと考えてくれる人が必要である。
他人の話なんてどうでもいい。
それが私の本音である。
それで三島市からお金をとっている。私のことについて無責任である。
それも無駄なお金だなあと思う。
もっと福祉とは何か哲学が欠けている。
それが私の前で起こっている。それが私の実感である。

今日も書いてしまった。
明日もなんかでっかいテーマがあるけど
気が重い。気分次第である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181107end

2018年11月4日日曜日

富士駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20181104
今日はスタートとゴールは富士駅だった。
堤防目指して緑道を通って北上し川を少しのぼってくだった。
産業フェアやってて
シラスコロッケ買って食べた。
沼津駅で昼食して文房具を少し探して帰った。
富士山はくもってて見えなかった。
でも景色は良かった。気分良く歩けた気はする。

あんまり私も言いたいことはない。
ただ言えるのは私については私が知っているというだけである。
それなのに他人が他人の話するのは迷路である。
そんな話につきあうほど暇時じゃあない。
私は私のこと考えて色々やっているから私のことを私が知っているのである。
それ以外は私にはナンセンスである。
もっと他人が説明責任がある。日本語にならない話ししても解決しない。
なので今まで無駄だったぐらいしか思いつかない。
未来も永遠にそうだろうと思う。
それで私が説明できるのは私だけである。それ以外はチンプンカンプンである。
なので他人を救えるほど暇時じゃあない。
それなのに弱者にこびて生きるのはどうも静岡にはそんな人おらんらしい。
自立とはそういうものらしい。なので都会の異次元空間には参る。
もうちょっと個人が自立せなあこんな事にならない。
それでも昨日は少し工夫を考えて来週からどうなるかあと思っている。
それも私を知るキッカケでもある。
どうも生き残るのは私の中の私になりそうである。
それが私に何の問題もない。それなのに他人は問題をかかげてくる。
これが何の迷惑なのかチンプンカンプンである。
ここまでくると犯罪である。何様のつもりでそんなことするセンスなのか無神経である。
本当にデリカシーがない。まともな人間のすることかと思う。
なんでそれが私に関係あるのか全然ピントこない。

出来るだけ書き込みを減らしたい。
どうなるかわからないけど努力だけはしようと思っている。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181104end








2018年11月2日金曜日

近況

<<追記20181102
今のホームページがIPアドレスの変更で見れなくなっている。
いつになったら正常になるかわからないが
メールが来ててそういう案内だった。
とりあえずBloggerとFacebookと三島SNSが更新の材料になっている。

なんか良くない事する人もいるらしい。
私には全く関係がないぐらいしかない。
それが普通の一般庶民だろうと思う。
それでも正常にもっていくのが善良な市民のように思う。
それ以外は私には無力である。
所詮私の人生はそんなものである。
救いようがない人まで私には無力である。
それがわかってもらえないのが悲しい。

ただその一点に尽きる。

それで私にどうしろというのか犯罪である。
私には全く力がない。
せいぜい努力するぐらいしかない。
それだけのために私は生きている。
それを否定したら善良の市民や普通の一般庶民は成立しない。
一体私をどうしたいのかわからない。
そういう国民を増やすしかないと思う。
それ以外は私には無力である。

それなのに小学校の水泳大会で私に文句を言った彼は私には無力である。
どうぞご勝手にコースである。
私と関係のない人生しかない。
なんでここまで迷惑受ける筋合いもない。
ただあるのは私を知っているだけである。
それだけのために私は迷惑を受けている。
自分が否定されたくないからである。
そんなの私には不可抗力である。ほとんど彼の問題であって私の問題ではない。
もう脱線を四十代から続けてもう取り返せない。それが現実である。
それを私がどうのこうので正常にはならない。
迷惑の極みである。大人としては失格である。
もうちょっと自立した大人になった方がいい。それぐらいが私のアドバイスである。

あしたから土日である。元気出していきたい。
それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181102end

短歌と俳句



短歌十首更新


---> しのぶれど秋晴を受け走り出すどうなる事かわからぬままに 行雨 
---> 人知れず思いはめぐる無駄話行くつく果ては地獄あるのみ 行雨 
---> やる気無く仕事に向かう金曜日あと一日の辛抱かしら 行雨 
---> 問題は他人ばかりがたえられず私に出来るものも無いのに 行雨 
---> 何事も無かったごとくやるまでに時間のかかる思いあるかな 行雨 
---> 無理もなく自然に近くやるまでに思い思いの一歩あるかな 行雨 
---> 爽やかに晴れてうれしく歩くなり悲しいこともつまらぬことも 行雨 
---> 秋のある十月にして日本晴悲しいこともつまらぬことも 行雨 
---> 秋にしてやりくりしてる毎日をとなえてどこかもう一歩かな 行雨 
---> 夜長にもやるだけやってまたあしたどうなることか展開読めぬ 行雨 


/*仕事ある*/
/*あしたをむかえ*/
/*気合あり*/
/*やるだけやって*/
/*またあしたかな*/

/*仕事して*/
/*なさねばならぬ*/
/*物事も*/
/*どうなる事か*/

俳句九句更新 


---> 桜エビ食べてうれしく由比にあり 行雨 
---> トンボにも晴れて楽しく飛んでいく 行雨 
---> 秋晴に元気あるなら歩いてく 行雨 
---> 月のある夜にめぐまれ願うかな 行雨 
---> さわやかに日課をこなす元気かな 行雨 
---> 秋風やここまで来てる我が身かな 行雨 
---> 十月につまらないもの飛んでいけ 行雨 
---> 秋の夜テレビ見ながら疲れてる 行雨 
---> 秋晴に絵心走る父の庭 行雨 


/*霧のある*/
/*山にはどこか*/
/*神がいる*/

/*見渡せば*/
/*きらめく限り*/
/*秋の海*/

2018年10月31日水曜日

近況

<<追記20181031
すべてはうまくいくように仕事したり生活したりしている。
なので何か間違って仕事したり生活したりすると台無しである。
特にプログラムもそうである。すべてがうまくいかないとエラーである。
そのために最善を尽くすしかない。
それでもうまくいくのは神が偉大だからである。
そういう数学のもと成立している。
なのであんまりごまかしたりズルしたり証拠隠滅しても無駄な抵抗である。

ここで人間のやる事はベストを尽くし続けるしかない。
あらゆる人間がベストを尽くして組織が成立する。
それが出来なければ仕事や生活は成立しない。
それが限りなく神に近づくのは神の理論だからである。
人間が間違う事があってもそれを修正できる組織であるべきなのである。
それが人間の組織論であり神の理論である。
すべてが今がベストなのである。
そうやって神の理論に近づいているのである。
なんか間違っても今をベストにする修正をくり返している。
なので基本的にベストを尽くせないと仕事や生活は成立しない。
間違っているとか正しいとか以前にベストを尽くすしかない。

それが出来るのが普通の人間なのである。

それが出来ないと本当の戦争である。
損得勘定のオンパレードである。

そんな事考える前にベストを尽くすべきである。

だけどそれが出来ないというのが問題の根本である。
だから人間がベストを尽くせるような大人になるべきである。
逃げてたら駄目である。自分なりにベストを尽くすべきである。
そうやってベストを尽くせば神は裏切らない。
それが神の理論である。それが自然法則である。
パソコンもスマホもインターネットも数学で出来ている。
それが人間につながっている。そうやって限りなく神に近づいてる。
それに反して物事は進まない。
正しいことを続けるのはまさに神のおかげでしかない。
間違っても修正して限りなく正しくなって仕事して生活している。
だからこそ人間はベストを尽くすべきである。
それが出来なくなったら最悪である。
そんな最悪な人間になったらあかん。それが私の感覚である。

今日も書き込みしてしまった。
なるべくフェードアウトしたい。
どうしてこんな当たり前の書き込みをつづけなああかんのか文句たらたらである。
もうこの問題も終わりにして欲しい。
続け過ぎである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181031end

2018年10月30日火曜日

近況

<<追記20181030
戦う男がまともであればあるほど平和になる。
軟弱な男と女が戦争の原因である。
いい加減な男と女が悪徳である。
そんなんよりまともな男が大事である。
それが平和を作る。

もう女なんてもめ事の原因にしか思えない。

女や老人に戦争なんて思考回路がいかれている。
そんなんより男がまともに仕事する方がマシである。
戦争が悪徳というより原因は人間にある。
人間がまともに仕事してたらそんな事にならない。
それが不可能だから男は戦うんだろうと思う。
それを逃げたら本当に戦争で戦わなければいけない。
戦争になること考えるよりどうしたらまともな仕事出来るか考える方が先である。
なので軟弱な男と女が悪徳である。

戦争にならないようにまともな仕事すべきである。
それが男がまともに仕事する要因である。

ようするに仕事が成立しないのが戦争の原因である。
各分野でしっかり仕事してたらそんな事にならない。
それも考えられなくて軟弱な男と女なんてどうでもいい。

なので私には他人のもうどうでもいい話にしか思えない。
それが毎日のストレスである。
それが戦う男がイカれている。それで仕事が成立しない。
毎日気分は戦争状態である。それが戦争の要因である。
国際的な戦争はそういう一人称から始まる。
みんな仕事が成立したら平和になるのに平和にならない。
それがもめ事の戦争の要因である。
戦争がどうのこうのより軟弱な男と女が悪徳である。
戦う男がまともであれば仕事が成立する。ただその問題の一点に尽きる。
それが私の毎日の戦争状態をあらわしている。

なので北朝鮮の波乱要因は仕事が成立しないことである。
北朝鮮の多くの人が仕事を成立させれば平和になる。
私はそう思う。
それはここ日本でも同じ状態に私はいる。
なのであんまり戦争が悪徳というより軟弱な男と女が悪徳なんだと思う。
そんなために私は生きていない。
それが私の戦争状態なんだと思う。なので私も例外なく戦っている。
戦わない男と女が悪徳なんだと思う。

なんか問題がマトモなこと言うか言わないかぐらいしかない気もする。
当たり前の常識としか思えない。
こんな当たり前も意味があるとしたら日頃から物事を考える必要を感じる。
なのでこんな事になるのを覚悟して生きた方がいいかもしれない。

今日も書き込みしてしまった。
今日は私の平和感である。それが世界に通じればいいけれど貧困は困った問題である。
仕事を成立させる。それだけで平和になる。
そういう私の当たり前感である。
そんな単純なことも私の悩み事である。
もうラクに生きたい。自由に生きたい。それが私の欲求である。
そして書き込みもフェードアウトしたい。
どうして私をこんな戦争状態に追い込むのか犯罪である。
なので軟弱な男と女がもめ事でストレスで悪徳である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181030end

2018年10月28日日曜日

近況

<<追記20181028
どうしたら日本人が神様になるのか恥ずかしいとしか思えない。
もっとまともな日本人とは何か考えた方がいい。
そこで初めて人間になれる。
まともじゃあない人がおかしなこと言っているだけである。
そして上から下までみんな同じなんて哲学としては最悪である。
もっとどういうのがまともなのか考えた方がいい。
そんな思考もなくルールを決めたがるエライ人が出てくる。
そんなんよりもっとまともに生きる方が先決である。
出来る出来ないよりましてやルールよりまともに生きる方が大事である。
それなのに神様になろうとする。それ自体が間違いの元である。
科学者としても一人の人間として判断せなあ間違ってばかりである。
もっと人間とはどう生きるべきか考えた方がいい。
そんな思考も出来なくて学歴職歴なんて論外である。
もうここまで来ると順番が間違っている。
一人の人間としてどうあるべきか考えが足らない。
人間がしっかりまともに仕事するとは生活するとは考えた方がいい。
それがないから日本人が神様になろうとする。
神様でもないのだから迷惑としか思えない。
それでも神様のフリをする。絶対どこかで失敗するだけである。
それを私に責任があるなんてお門違いである。
何にも私には関係がないのに関係があるかのように続いてくのは犯罪である。
もっと人間らしく生きるべきである。そのために仕事と生活をしているのである。
なんでそんなことに私は巻き込まれなああかんのか全然理解不能である。
人間がしっかり仕事や生活するのに間違わない方法を考えるべきであって
ゴマをすったりズルしたり証拠隠滅したりするために仕事や生活しているわけでない。
うまくいくように日々を送っているだけである。
なんでゴマすったりズルしたり証拠隠滅する人がルール決めたり神様になるのか
私には全く理解が出来ない。
うまくもいかないで科学も成立しない。私はもっと神様は偉大だと思う。
そんな人間を認めるほど甘くなく限りなく精密に自然は出来ていると思う。
だとしたら人間はもっと人間らしく生きるしか無いと思う。
それが自然な科学者の姿だと私は思う。
そんな活動をしないと神様に近づけないと思う。
いくら人間が神様になるとしても私が生きている間は人間は神様になれないと思う。
どうやったら人間として神に近づいていくかというのが本論だろうと思う。
それは人間がまともな活動をしない限り近づいていかない。
そしてその自然はかなり数学的に厳密である。
それがわからないのにどうして日本人が神様になる気はしない。
数学がわからなくてももっとまともな活動しないと神様は認めてくれない気がする。
それぐらいの自然界のように私は思う。
それなのに自分の都合でどうにかなる自然界じゃあない。
ほとんど神様の都合で出来ていると思う。それを人間は利用しているだけである。
それなのに神様になってしまう日本人なんて恥ずかしいとしか思えない。
いったいどうして自分の都合で神様になるつもりなのか全然世界がわかっていない。
もっと人間としてまともに仕事と生活を考えた方がいい。
仕事と生活を考える人が間違っているとしか思えない。
それで他人の人生が無駄だったなんてそんなの当たり前である。
人類史上ありふれた他人の人生の無駄である。
私はひたすらに無抵抗である。ほとんど神様の都合である。
何で私が神様になりかわって責任があるのか全然理解出来ない。
私は全然無関係である。
それで私には全く問題が存在しないのに私の時間を使うのは犯罪である。
もうラクにしてもらいたい。それが私の本音である。

今日も書き込みをしてしまった。
あんまり書き込みも文句がいっぱい出てきて続いている。
あまりに時間を使い過ぎているのが原因だと思う。
もうこの問題も終わりにしないと私も終われない気もする。
それでもフェードアウトしたい。それが私の欲求である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181028end

2018年10月27日土曜日

近況上書き二回目

<<追記20181027
おおむね言いたい事は書いた気はする。
他にあるなら出来るだけ楽しく生きたいぐらいである。
それってここまで私の工夫である。他人のせいではない。
それなのに他人がつまらないこと言っているのは私のせいじゃあない。
もっと各自責任を感じてもらいたい。
責任もとれなくてエラくはならない。
そういう心構えが大切である。
それなのに私に迷惑を与えるのは平気なのはどっかネジがゆるんでいる。
どっちが弱者なのかわけわからん。それのどこが正義なのかわからない。

そんな感じでこれからも楽しく生きたい。
その楽しさを伝えられる人になりたい。
そういう野望がなんか私にはある。
基本的に生きるとは楽しめるかという事だろうと思う。
それは勉強にしても仕事にしても同じだと思う。
なのでつまらない他人は私のせいじゃあない。先生が悪いだけである。
なんで私に問題を持ってくるのか私自身良くわからない。
ただ迷惑なだけである。なんにも私は私で工夫しているだけである。
それを私の問題にするには問題があり過ぎである。
ただ私にあるのは楽しく生きるだけである。
他人に悪影響を与えない限りそれさえ許せないのはどっかおかしい。
私にはどうしようもない。全部他人の問題である。

なのでそんな厄介な他人の話より
もっと楽しく生きれるようにした方がいいぐらいしかない。
それは個人の問題であって私の問題ではない。
他人が楽しめないのは他人の問題である。
私は私で色んなヒントを書いてきたと思う。それで他人対しては十分である。
それ以上どうしようもない。あとは他人の努力しかない。
私は私で努力してきたんだからあとは他人の努力でしかない。

なのに弱者の私に対して他人が無責任で責任をとらないでエラくなろうとする。
そんな正義はどこにも見当たらない。

要するに楽しく生きれるか生きれないかぐらいしかない。
それも仕事も同じである。楽しく仕事できるかできないかぐらいしかない。
あまりに他人にうしろ指さされる仕事しても楽しくならない。
楽しく仕事できないのは問題あり過ぎである。
それがここ何ヶ月の状況である。つまらない仕事し過ぎである。
ただあるのはどうしたら楽しく仕事できるかぐらいしかない。
それなのにつまらなくするのは楽しく生きれないからのように思う。
それが私の問題の核心のように思う。ほとんど他人の問題である。
それでも私は楽しく生きるしかない。それが私の本音である。
なので楽しくない仕事とか楽しくない生活が問題なんだと思う。
それが私に何の問題があるのかわからない。
それが私にとって困る原因のように思う。上司も会社も問題があり過ぎである。
私はひたすらに無抵抗なのである。なんかここまでくると犯罪である。

今日も書き込みしてしまった。
一応これまでの総括のつもりで書いた。
あんまり私が言いたい事もないところまで来ている。
出来るだけフェードアウトしたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181027end

<<追伸20181027
私が書いた事ぐらいしか他人の違いは感じない。
生活が違うからその他が違うのも
私の工夫でもあり父親の工夫でもあるんだろうと思う。
それを同じにするのはかなり難しい。
それでもそれを私が知っているという事だろうと思う。
私にはそういう事を言える他人になって欲しいぐらいしかない。
日々の生活や日々の仕事ぐらいしか私には思いつかない。
ただそれを知っているか知らないかぐらいしかない。
それだけのために無知だったり知だったりしている。
わからないのがわかっているのは無知の知であり
わからないのがわからないのは無知である。
ようするにわからないというのがわからないのが続いている原因だと思う。
それで民主主義が成立しない。住む世界が違う。なんか日本人じゃあないみたいである。
そんな人が主張している。私には全く関係がないとしか言えない。
そんな人に普遍性なんて存在しない。人間とも動物とも生物とも違う。
私にはチンプンカンプンである。私には無抵抗である。
私にはどうしようもない。いくら私が型にはまらなくても私の問題ではない。
それが新しいことをするということだろうと思う。
それだけが私と他人の接点である。
だけどあまりにお互い異世界の住人である。それだけで続いている。
私にあるのはもっと人間らしくもっと動物らしくもっと生物らしくぐらいしかない。
それが私の生活と仕事に感じる事である。
それを忘れて生活と仕事している。
ルールを自分で決めないと生きていけない他人がいる。そうじゃあない。
どうやったらそのルールのもとで人間として動物として生物として仕事できるかである。
どうしてそんなにルールを決めたがるのか私にはわからない。
それがエラくなる原因である。それで私の意見なんて聞く耳ない。
そうやって今の状態が続いている。私が自分を犠牲にして努力しているのがわからない。
そんなんで正義は成立しない。自分の思うままにルールを決めたがっているだけである。
人間として動物として生物としてなんて思考はない。
なんか神様になろうとしている。それが全然理解できていない。
人間が神様になるなんて当分先の未来である。今もって難しいと思う。
そんな現状も知らず人間やってられるかと思う。それなのに無理解なまま続いている。
やっぱり神様になる日本人は犯罪大国日本である。
<<追伸20181027end

2018年10月26日金曜日

雑記

<<追記20181026
問題な人が問題を起こす。
厄介な人が厄介である。
それだけのことに私の時間が過ぎている。
やればやるだけ誰もエラくない。
何様のつもりなのか私にはわからない。
なんかそんなに特別に重要な人とも思えない。
一体誰がエライのか私がわからない以上誰もエラくないのだと思う。
それだけのために私の時間を使っている。
それなのに他人がエライという主張はどっかネジがゆるんでいるとしか思えない。
それなのに他人はエラくないのにエラくなろうとする。
何でそんな権力闘争するのか私には信じられない。
もっとマトモなことやっている人間になれない人が問題を起こしている。
厄介に厄介である。
それが私に何の関係があるのかわからない。無抵抗に私は時間が過ぎている。
まさに犯罪大国日本である。どこが民主主義なのかわからない。
もうちょっといい結果の出る民主主義じゃあなくて民主主義は沈没である。
なんか悪い方に悪い方に結果が出ている。
それをあらためる気がなくて再現の繰り返しである。
それが私になんで影響するのか迷惑もはなはだしい。
私は私でやれるだけやっているだけである。
何にも他人には関係がない。それなのに何で他人の迷惑が続くのか私には信じられない。
無責任もほどがある。もっと責任とってもらいたい。
<<追記20181026end

短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_10.html 


---> やり残すものはないかと探してる考えふける中年オヤジ 行雨 
---> 診察日言いたい事も山のよう返るものなど何も無いけど 行雨 
---> やり終えて金曜の夜むかえてもやり残すこと山のようなり 行雨 
---> いつまでもこれでいいのか不思議なりそれでも進む秋の空かな 行雨 
---> 秋のある眠たさ残す朝があり横になるなりなるようになる 行雨 
---> 気がつけば気になることもあまりなく日課をこなす毎日かしら 行雨 
---> 秋の空余力残してめでたさは消えて無くなる役立たずなり 行雨 
---> 役立たず男と女面倒よストレスばかり関の山なり 行雨 
---> しのぶれど一日一歩確かめるいつかどこかでまた会う日まで 行雨 
---> 青天の子供の元気はじけてる神が笑えばほほえましいな 行雨 


/*続いてる*/
/*他人の話*/
/*疲れてる*/
/*元気にならぬ*/
/*つまらなさかな*/

/*目の前の*/
/*仕事ばかりが*/
/*関の山*/
/*気合を入れて*/
/*のりこえるかな*/

俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_10.html 


---> 秋半ば元気をよそに日課あり 行雨 
---> リンゴにも感謝を込めてあまいかな 行雨 
---> 秋の暮きびしきものもつれていく 行雨 
---> 秋晴に願いを込めて一歩あり 行雨 
---> 月のある空をめがけて願うかな 行雨 
---> 夜なべして魔法をかける母かしら 行雨 
---> 二度寝する休みを受けて秋の朝 行雨 
---> 日課にもエンジンかかる秋にあり 行雨 
---> 秋の日にやる事多くなせばなる 行雨 



/*さわやかに*/
/*走り出すまで*/
/*日課あり*/

/*秋収め*/
/*用心しても*/
/*走り出す*/


2018年10月23日火曜日

近況

<<追記20181023
人間無駄な人生を送る確率だってある。
実際無駄だったのは例外じゃあないだろう、
むしろ山のように無駄な人生はある。
だからこそ人間は用心すべきである。
それは私も例外じゃあない。
今もそうだし未来もそうである。
なので完全否定ごときでうだうだ言うようじゃあ生きていけない。
それは上から下まで問われていると思う。
そういう意味で万民皆同じである。
そういう慎重な態度もなくて生きていけない。
それは私だけでもなく他人もそうである。
そんな信用のない態度で対応するだけ損である。
もっと日頃からまともな態度もとれなくて否定されても文句も言えない。
それが私達の日常なのである。
そう自業自得である。もっとまともに生きないと無駄な人生は明らかである。
それは日常茶飯事である。
だからこそ私は私で警戒している。
それを理解しなくて無駄な人生は山のようである。
そういう事を学校の先生が教えないのは先生の責任である。
無駄な人生なんて人類史上山のようである。
それを私にどうのこうの文句言っても神様に聞いてくれぐらいしかない。
私なりに私で慎重に生きている。
それが理解出来ないのは同じ間違いをしているとしか思えない。
私はそんなのどうでもいい。他人の勝手である。
好きなようにやればいいと思っている。だけど私だけは違う。それが私である。

大体どういう他人が完全否定されているのか
水泳大会の文句を言う彼しかいない気がする。
彼以外にも他人の無駄な人生なんて山のようである。
私にはほとんど無抵抗である。そんなの気にするのはほとんど自分しかいない。
他人が気にする問題じゃあない。ほとんど自分の問題である。
なので私がどうのこうの言っても解決しない。
自分はひたすら無駄のないように努力するしかない。
それもわからなくて出来るようにはならないし結果もついてこない。
ほとんどそんな事もわからなくて弱者への正義は成立しない。
私にはほとんど無抵抗である。私にはどうしようもない。
自分でどうにかするしかない。他人の問題じゃあない。
大体学校の先生が悪い。教育の失敗である。
もっと先生が賢ければこうなっていなかった。
賢いとは何か全然理解していない証拠である。あるのはただ無責任なだけである。
それが態度にもあらわれる。それが私の実感である。
それを私が言っても通じない。私なりの解釈である。
そうやって人を見られているのを認識すべきである。
そんな事もわからないから無駄な人生が山のようにある。
それが私の感じる現実である。

今日も書き込みをしてしまった。
出来るだけ書かないようにしたい。
フェードアウトが目標である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181023end

2018年10月21日日曜日

新蒲原駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20181021
今日は新蒲原駅から由比駅までだった。
秋晴だった。
由比漁港で駿河丼セット食べて帰った。
沼津駅前で新装開店を見て帰った。

昨日と今日も言いたい事を考えたがあんまりない。
フェードアウトには好条件である。
あるとすれば他人の問題ばかりである。
私には何の問題もない。
基本的に自分のやりたいことをやりたいぐらいである。
それも一週間単位で出来ている。
あとは多いか少ないか時間だけである。
それなりに夢もある。
やる事もやっている。
ただ私にあるのはなるようになれぐらいである。
それだけで時間が過ぎていく。
なんか罪悪である。
すべては神の思うままである。
私は私で良くやっている。
私はすべてを神が判断したらいいと思っている。
それが私の立場である。
何にもエラクなる必要がない。
なのでひたすら努力しかない。
それが私の現実である。
なので男も女も同じだと思っている。
それも出来なくて人間やってられるかと思う。
なので私には特別な人間になるのがわからない。
特に巨人軍のやってることは全然理解出来ない。
親方日の丸も理解出来ない。
それが私の学歴職歴の果てである。
仕事しなくても努力は出来る。それがここ日本の状態だろうと思う。
学歴職歴の崩壊でもある。それでも努力が出来る。それが私の哲学である。
つまらんことが多すぎる。それが私の実感である。
あんまり他人が頼りにならない。それが私の本音である。
それをすべて神様が判断するというのが私の論理である。
つまらない悲しい権力と権威なんかどうでもいい。
向かうべきは自由である。それが私の方針である。
それが私に新しい発想が浮かぶ原因である。
なので巨人軍のやってることは全然視界に入らない。
それでも努力が出来るというだけである。あるのは上から下まで罪悪である。
それが女の言う通りでも何の解決にもならない。それが私の実感である。
ただの現状認識ぐらいしかない。なのでみんなはもっと自由に向かうべきだと思う。
それが自分を救い世の中を救う。そういう人になってもらいたい。
学歴や職歴で戦うべきでない。ただの仮の姿でしかない。
本当の姿は自由であるべきである。それでもいろんな世界を見てみるべきだと思う。
そこで観察するのもいい。考えるのもいい。
でも最後は自由である。それが私の気持ちである。

今週も書き込みをなるべくしたくない。
私の方に文句が多すぎるというのが失敗する原因だろうと思う。
それでも書き込むと時間を使ってしまうようである。
全然負担が違う。それでもストレスと戦うとは私にとって書き込みなのかもしれない。
微妙だけどそれでも時間は他に使って分析は出来る気はする。
それがここ二週間の成果である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181021end



2018年10月20日土曜日

近況 上書き二回目

<<追記20181020

女の言う通りより
私の言う通りのような気がする。

もう男と女のもめ事はうんざりである。
どっちも信用ならない。
無責任である。
それが私に何の関係があるのかわからない。
他人の話はどこまでも他人の話である。
私には無関係である。
全然女の言う通りじゃあないし
全然男の言う通りじゃあないだけである。
私にどうしろと言うのか私はチンプンカンプンである。

ただあるのは誠実に生きた方が良い。
ただの信用問題である。

それが私に何の関係があるのか理解不能である。
無責任で棚上げのオンパレードである。
やっているのは自業自得である。
もっと他人から信用される人にならんと問題は解決しない。
どうしたら男と女は信用されるのかわかっていない。
せめてやる事やらんと信用されない。
何も出来ませんでしたから抜け出さないと信用されない。
それが私に何の関係があるのか私にはチンプンカンプンである。

ただ私にあるのはやる事やっているという事実がある。
それが私の一週間の日課であり仕事である。

あとあるのはなるべく自然に出来る事を目指している。
あんまり負荷もなく工夫の出来る範囲を目指している。
それが才能に対する私なりのワビサビである。
それってたくさん量をこなさないとありえないと思う。
なんか無意識があらわれる範囲だと思う。
そんな手前やる事やるのも難儀で私に何の関係があるのか私には理解出来ない。
そんな信用問題まで私に関係あるのかわからない。
男も女も最低である。
そんなもめ事が続いている。私には問題外である。
私に無理難題をやらせる気でいる女も女で信用問題である。
もうちょっと自分で解決するぐらいの気持ちもなくて人間として最低である。
その辺の信用問題が全然わかっていない。
そして賢い奴からバカまで同じ哲学しかない。それで学歴職歴だなんて言っている。
もう幻想的な権威や権力しか見えない。
上から下まで信用失墜である。
それがいくら女の言う通りでも女もただの無責任である。
女が解決するぐらいの事をしないからである。ただそういう世の中だというだけである。
誰も無責任なだけである。
そんなんで私に平和が来る気がしない。
男も女もなさけないただそれだけである。

今日も書き込みをしてしまった。
出来るだけフェードアウトしたい。
色々言いたい事をリスト化している。
あんまり書く事ないと思うけど時々書いてしまっているところである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181020end

<<追伸20181020
京大院生が書いた イメージでつながる英熟語[kindle本]

上の本を二度目読んでいる。受験英語ではある。
なんか本場の英語に対して非力な気はするけど
こうして他人と区別していくしかないのかもしれない。

私自身は英語は人文科の英語科の人から数学は数学者か物理学者から
学んだ方が面白く学べると思う。
他の科目は数学と英語があればなんとかなると思う。

国語は私はあんまり自信がない。
なのでどういうのが国語が出来るというのかわからない。
そういうのが得意なのが文系なんだろうと思っている。
小中高と本を読んでたぐらいしかない。

私が勉強するのは何の役に立つかわからないからである。
それでも
総じて私が思うのは大いなる野望が私にチャンスを与えている気はする。
それは学校に行ってて感じたチャンスである。
なんかそういう夢が持てなくてチャンスはやってこない気はする。
なんかやってやろうと思う夢にすべてつながってくる。
それが私の勉強感である。
それなのに大学受験に照準を合わせてくる人がいる。
エライえげつない世の中だなあと思う。
私としてはそんなのと関係のない人生を送りたい。
それが学校のつまらなさでもある。
基礎学力もマチマチである。そこに私の人生のヒントがある気はする。
<<追伸20181020end

2018年10月19日金曜日

短歌と俳句

短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_10.html 


---> 流されて困るものだと思いつつやりたいようにやるまでかしら 行雨 
---> 無常にもやりたいように使われる権利も無くて無責任かな 行雨 
---> いつまでもなんでそんなにタコなのか言われてみても意味不明なり 行雨 
---> 日本語にならないタコにつまらなくいくら言ってもむなしいばかり 行雨 
---> ありふれた日常もまた変化して一歩一歩の毎日かしら 行雨 
---> つらくてもラクになるまでたまらなく時間がかかる身の上かしら 行雨 
---> 富士駅の世相を感じあはれにも私の心ここにあるかな 行雨 
---> やりつくす一日あってあらためてどうしたものか考えふける 行雨 
---> 御殿場の歩く陽気にさそわれてやる事多くふりかかるかな 行雨 
---> 祝日の雑務こなして過ごしてるなるようになるあっぱれかしら 行雨 


/*しのびつつ*/
/*ぐっとこらえて*/
/*朝があり*/
/*つまらぬものも*/
/*ついてくかしら*/

/*まったりと*/
/*元気求めて*/
/*秋の夜*/
/*いつになったら*/
/*平和あるかな*/

俳句九句首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_10.html 

---> ススキにも風が当たって一緒かな 行雨 
---> 秋の風歩く身に受け疲れあり 行雨 
---> 秋の空めがけて歩く歩道橋 行雨 
---> いつになく朝のリンゴに日本産 行雨 
---> ゆく秋ももうしばらくの心あり 行雨 
---> 十月の課題残して進むかな 行雨 
---> 仲秋の伊豆長岡で歩いてく 行雨 
---> 秋色の感じるままに歩いてく 行雨 
---> 秋の宵元気残してまだまだよ 行雨 


/*残像が*/
/*身に入む外に*/
/*光あり*/

/*コスモスの*/
/*文句をたれて*/
/*歩き出す*/


2018年10月18日木曜日

近況

<<追記20181018
他人の言う通りならんことに納得いかないのが
私に何の関係があるのか私にはわからない。

そんな事はたくさんあるってだけである。
大体なんでエラそうな他人の言う通りになるだろうかと思う。
大体採点つける先生にもならないのになんで採点つけられなああかんのかわからない。
その絶対そう思う根拠がわからない。
理解出来ないのが信じられないのである。
それでどうやって採点されなああかんのか私にはチンプンカンプンである。
もっと先生にでもなって採点すべきである。
自分の思うようにやりたいなら勉強すべきである。
ただそんな俗世を渡ってるだけで自分の思うようにはいかない。
自分の思うようにいかないのはひとえに勉強不足である。
それが理解出来ないってだけである。
もっと他人を説得する勉強が必要である。それもなく万人にきく普遍性は語れない。
そうなのに何でそんなにエラそうなのか私にはただ恥ずかしい奴ぐらいしかない。
それで正義は通る気はしない。
もっと他のことを考えるべきである。
それなのに出来ないことへの弱者の目は弱者を利用しているだけである。
そんな事よりどうしたら出来るかを考えた方がいい。
出来ない事考えても時間の無駄である。

大体そんな事考える奴が間違っている。
それが物事を変質させている。
そんな他人は弱者にとって面倒なだけである。
もっと全体を見渡せる人が採点をつけるべきである。
そんな勉強も出来ない奴が採点をつけるべきじゃあない。
それなのに絶対とか許せないとか面倒に面倒である。
もっと論理的じゃあないとそれは正解にならない。
ほとんど感情論である。
そんなんで民主主義も成立しない。会話も成立しない。ほとんど妄想である。
なんでそれで私はそれに付き合う義理があるのかチンプンカンプンである。
それで他人は自分の言う通りならんと我慢ならんのである。
それで時間を使っている。ここまで来ると犯罪である。
何でゼロ点で自分の言う通りになるのかわからない。
普通は百点で自分の言う通りになるはずである。
そんな点数感覚も存在しない。
私にはある感情は基本的人権の侵害であり常識も通じない犯罪である。
どうして私の正当防衛が成立しないのか文句たらたらである。
もっと私の要求に応えて欲しい。
どうしてそんな低能で私は採点を受ける必要があるのか私にはチンプンカンプンである。
点数じゃあなく百歩ゆずっても
なんで妥当性もなく他人の言う通りにはなるはずがない。
ありえない人がありえないこと言っているだけである。

たまらん他人のせいで今日も書き込みをすることになった。
明日も短歌と俳句だけにするように努力したい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181018end

2018年10月17日水曜日

近況 上書き二回目

<<追記20181017
あまりにも他人がひどすぎて今日の書き込みになった。
出来るだけフェードアウトが私の目標である。
色々私も言いたい事をリスト化してもあんまり見つからない。

ただ他人が無理解なのが問題なだけで私には問題がない。
つまり
民主主義は成立せず会話は成立せず妄想は広がるばかり
そんなんでどうやって合意が得れるのかわからない。
事実が事実じゃあないってだけである。
私はひたすらに無抵抗である。
自分勝手に生きている奴が多すぎる。
そんなのつける薬がない。日本人も末期的だなと思う。
エイリアンで済む話じゃあない。私には全く責任がない。
むしろ学校の先生が悪い。これを教育の失敗じゃあなくてなんなのかわからない。
ここまであるのは誠実に生きるだけである。
そして誠実に会話するだけである。それが出来ない他人ばかりが問題である。
あまりに無責任に生き過ぎである。自分勝手に生き過ぎである。
もっと自分に責任を持って生きるべきである。
ただ無責任だから誠実に生きれないだけである。
自分の無責任をもみ消そうとしているだけである。
そんなのいつまでも平行線である。もっと責任持って誠実に生きるべきである。
無責任だからこそ事実と向き合えないってだけである。
事実認識さえ無責任である。

それで民主主義も成立せず会話も成立せず妄想ばかりが先行している。

これは明らかに教育の失敗である。

日本国民の合意さえ難しい。

ただ自分を守るため無責任なだけである。
誠実に生きれない人が問題を起こしているだけである。

責任取れない人が問題を無責任化しているだけである。

それを私はどうすることも出来ない。
人間としては最悪最低である。
そんな大人をこの日本で作り上げてしまった。
反省に反省が大事である。
サルでも反省するんだから人間も反省すべきである。
それが私の実感である。

なんでそんな事を私が言わなああかんのか全く理解出来ない。
誰も言わないから私が言っているだけである。
ただあるのは仕事も無責任だし発言も無責任だしやる事なす事無責任ってだけである。
それだから事実を拒否して合意にいたらない。
ただあるのは自分を守る正義という妄想だけである。
そんなのただの迷惑である。一体それで私にどうしろと言うのかわからない。
そんなのにつきあう暇は私には存在しない。
もうここまで妄想を押し付けたら犯罪である。
そんな判断を裁判官はすべきである。日本国民全体の基本的人権の侵害である。
だってそんな妄想はウソだからである。
ただひたすらに他人の無責任を守るためだけに正義の妄想がある。
そんな人とどうやって付き合う気なのか私には理解しがたい。

そんなのと関係のない生活がしたい。
それが私の第一感である。

あとあるとすれば
私が特別扱いされているという誤解しかない。
私は巨人軍というよりは
マイナーリーグに近い。
それでも努力するとは何かを考えてきた。
注目されなくても努力してきた。
そんな自分が特別扱い受けてる気はしない。
特別扱い受けなくても
他人も同じように努力出来ると思っている。
なので他人の無責任しか感じられない。
もっと責任もって仕事すべきである。
あまりにも無責任過ぎるだけである。
出来る出来ないよりスタート地点で間違っている。
どうやったら責任もって出来るのか
考えない限り解決しない。
最初から逃げている。
それで誤魔化してお茶をにごしても
残るのは無責任だけである。
誠実にやったら仕事の完了しか残らない。
それぐらい自然法則は厳密である。
そんな精巧な自然だからこそ仕事が成立する。
ちゃんとやったらちゃんとするのが自然である。
それがわからないから問題ばかり起こる。
もう私にはどうしようもない。

何で私がそんな分析をせなああかんのか文句たらたらである。
エリートって本当に存在するのだろうかと思う。
それぐらいちゃんと処理してエリートである。
どいつもこいつも考えが足らない。それが私の現実である。
誰も考えていない。もっと考えて考えまくれ。

明日は書き込みしない努力が出来る事をのぞむ。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181017end

2018年10月14日日曜日

伊豆長岡駅からJRさわやかウォーキング 上書き更新二回目

<<追記20181014
今日は伊豆長岡駅から田京駅まで歩いた。
伊豆箱根の企画でスタンプ二つになりリストバンドを入手した。
また抽選で何か当たるみたいである。
道端にコスモスが咲いていた。
それ以外はただ話をしながら歩いた。

もうここまで来ると誠実に生きて誠実に会話するぐらいしかない。
あんまり障害者の役目を終えている。
もっと健康的に生きるべきである。

仕事もあんまりコロコロ変われない。
性根をすえてもう一回ぐらいが限界だろうと思う。
それぐらい私の人生の節目に来ていると思う。
それが台無しになるか有効になるか瀬戸際である。
もう十数年しか残っていない。それぐらいのことを出来るか出来ないか問われている。
それで今の所私の人生をかける仕事は見つからない。
それなのに他人のいい加減な仕事ばかりが私の文句になっている。
それがなんで正義になるのかわからない。
仕事で出来ない人間が当たり前として正義になっている。
普通は仕事完了して正義である。
そんな繰り返しで私の人生は台無しである。
正直な話女も男も付き合いかねる。もっと一人で工夫してた方がマシである。
そんなんでどうして共同作業になるのか私には意味不明である。
どうやったら仕事出来るのかわからないで文句を言っている。
そんな文句に付き合うほど暇時じゃあない。
それが私の実感である。もっと他に方法を見つけた方がラクである。
そうして私の話は取り残される。ほとんど他人が意味不明なだけである。
そんなのと関係のない仕事がしたい。
私の人生返して欲しいぐらいである。それよりもっと真剣に生きたい。
とりかえしのきかない仕事よりはまだましみたいで続いている。

私としては未だに幻聴があって何の情報の価値もない。
それは私にとってストレスでしかない。
それは男だろうが女だろうが同じである。
つまり役立たずだというだけである。
それで人間関係は成立しない。もっと人間自立せなああかん。
それを毎日くり返している。そういう無駄をくり返しているだけである。
私にとってストレスで無意味でしかない。
もっと他にやる事はたくさんある。ただ単にそれがないだけである。
それがわからない以上役立たずなだけである。
そうやって無駄に無駄を感じている。
もっと色んな情報を聞いていたいのが私の第一感である。
茶道や華道もそうである。
他にも色んな道がある。それが役に立つという事だろうと思う。
それなのに幻聴はつまらない話しか聞こえない。
そんなストレスをかかえている以上人間に対しても同じである。

ミカンと柿がなっている。ともかく秋である。
今週の一週間の日課は終えた。
また外国語のほんの一部の考え方を変えて来週は日課をこなしたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181014end





2018年10月12日金曜日

短歌と俳句



短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_10.html


---> 無駄がありつまらないほど無駄がある関係の無い人生のぞむ 行雨 
---> 科学にも助けられても神がいる奇跡ばかりがそびえ立つかな 行雨 
---> 色々と問題かかえ仕事するどうなる事か一歩一歩よ 行雨 
---> とりあえず休みに入る金曜日電車の中で土日を思う 行雨 
---> 一通りやっておきたい日課ありそんなこんなで時が流れる 行雨 
---> なんとなく肝心のもの防波堤じっとするもの耐えるものかな 行雨 
---> 我が家にも秋に流され日課ありなるようになる思いあるかな 行雨 
---> 仕事あるあしたを思う身の上に一歩一歩の毎日かしら 行雨 
---> 新しく何かを知って楽しいなそれだけのみで続いてくなり 行雨 
---> なんとなく秋の味覚にさそわれるなるようになる言い聞かせても 行雨 


/*やるせない*/
/*思いを胸に*/
/*いだきつつ*/
/*どうしたものか*/
/*思案に暮れる*/

/*やるせなく*/
/*うまくいかない*/
/*人生に*/
/*考えるもの*/
/*様々なのね*/


俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_10.html 


---> 秋雨に家の中でもじっとする 行雨 
---> 台風にどうなる事か頭あり 行雨 
---> やり過ごし求める限り秋の色 行雨 
---> 九月尽ここまで来ればなせばなる 行雨 
---> 秋の声元気出るまでたえしのぶ 行雨 
---> 台風に家の中から待機かな 行雨 
---> 秋の日にひたすらにやる日課あり 行雨 
---> 秋風に一段落の思いあり 行雨 
---> 朝寒のこたえてひさし気合かな 行雨 


/*御殿場の*/
/*赤トンボにも*/
/*ごあいさつ*/

/*ススキにも*/
/*風にゆられて*/
/*考える*/

//日本国憲法前文草案//愛バージョン日本国民は尊い人間を愛する国民であり、愛するが故に平和主義と国民主権と基本的人権を堅持する。何人たりとも賛同するものが無くても一つの愛を持って社会をのぞみ幾つかの愛を持って突き進む日本国民の姿として希求する。何故に愛するのかと問えば困窮すればするほど愛さざるおえないのであり自らを愛らしくするものは愛するためである。ここにきて明朗な屈託の無い愛こそが日本国民の使命である。我々が頑張ろうとするのも愛があるからである。そういう愛のもとに日本国憲法が成立することを忘れてはならない。またそういう愛を見つけて他国と平和主義を貫くと同時に愛が無くては平和主義は成立しない。まさに他国との関係は愛が存在するかしないかで左右されうる。愛は妥協では無い。明朗な屈託の無い愛である。その愛が人々の動機になりうる。それが日本国民の姿である。愛こそが我々を動機づける。それが日本国民の希求する愛である。何人たりとも愛する事を忘れない事を宣言する。それが日本国憲法の存在意義である。愛が無くては我々日本国民は存在しない。いかなる事があっても愛を堅持する事を希求する。それが日本国民の存在意義でありまた日本国憲法の存在意義である。//日本国憲法前文草案//愛バージョンend

※※6.7.訂正それ以外は上も下も同じ
<<憲法3.0前文草案

1. 愛を尊ぶ。愛のあるところに愛らしい希望がある。
2. 24時間一生を阻害するものを排除する。それを基本的人権とする。
3. 24時間一生には平和あってこそである。それを平和主義とする。
4. 24時間一生とは日本国民全員の権利である。それを国民主権とする。
5. 24時間一生とは24時間を繰り返す当たり前の精神である。人間としての普遍的で尊ぶべき純粋な原理である。
6.正義には限界がある人間の最善に向かう自由との戦い方としてのくり返す毎日について
7.自由と神と愛の関わり方としての日々を送る生活について
8. バージョンアップして限りなく真理に近づいていく理論と神の関係性について

<<憲法3.0前文草案end


2018年10月8日月曜日

御殿場駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20181008
今日はスタートとゴールが御殿場駅だった。
御殿場駅のお祭りで鮎の塩焼きが目標だったが目標を果たした。
徳川家康の御殿跡でみたらし団子も一つ買って食べた。
沼津の静鉄ストアで夕食と昼食の買い物して帰った。

昨日と今日で掲示板の書き込みを読んでいた。
それで平和に向けて神と自由と愛を誓えるか微妙だなあと思った。
自分が信じる線と言えば自分が出来る事をするぐらいである。
それとみんな同じがどうやったらかみあうのか私には理解出来ない。
多分勉強している大半はそんな事思って勉強していない。
でもみんな同じではないから問題が起こっているようにも思う。
大概人間なのだから基本は同じってだけなのに
みんな同じでない事が問題になっている。
それが私になんの関係があるのかわからない。
それで平和になるのかそれで神はいるのかそれで自由なのかそれで愛なのか
なんかあんまり私も自信が無くなっていく。
大半はみんな同じで私だけが別物なのかそれもなんか神がいる気がしない。
自分の事だけは特別という発想はありがちだけど
私にはそんな事を信じる気になれない。
なんか俗世としては良くあるパターンのように思うが
それで学歴や職歴は何のためにあるのかチンプンカンプンである。
結局あんまり他人もそこまで真剣に考えていないだけかもしれない。
そういう風に私の人生は進んでいる。
大体本当に賢いって何なのかそれさえも難儀な話である。
私にはテストで判断出来るように思えない。
だっておおむね今の状況でさえ考えが足らないからである。
みんな同じというよりみんなこんな生活をしたらこうなりますぐらいが
関の山のように思う。
こんな生活が出来るのか出来ないのかが分岐点である。
それが平和のわかれ目神のわかれ目自由のわかれ目愛のわかれ目のように思う。
こんな生活が穏やかな原因のように思う。
それがわかってもらえないから誰が賢いのかわかってもらえない。
それが無責任をくり返す原因になっている。
あまりにも特別意識が強すぎる。それが失敗の原因だと思う。
みんな同じにもならないし特別にもならない。
ただあるのはこんな生活ぐらいしか私には共通点がない。
そんなこんなで今日も長い旅路の末の結論のように思う。
色々話し相手になってくれる人がいて助かったかもしれない。
また明日から仕事である。
今日も夢のような日だった気がする。ボチボチやりたい。
<<追記20181008end





2018年10月7日日曜日

富士駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20181007
今日はスタートとゴールが富士駅だった。
お祭りもやってたけど
歩くのが主眼だったように思う。
富士山も見えた。
昼食は沼津でした。
帰り際イトーヨカドー三島店に寄った。

金曜日ぐらいから今までの掲示板を去年の12月付近から今年の2月ぐらいまで
進んでいる。
おおむね繰り返しだけど申し分ない気はしている。
それで解決しないのが私のチンプンカンプンである。
これ以上私にどうせいというのかわからない。
十分過ぎるぐらい繰り返している。
それでも私なりに興味のある事もあって
それはそれで楽しみである。
もっと面白い話が出来なくて何が学歴や職歴なのか私にはわからない。
この間の掲示板の書き込みも私としては二年分の気持ちでいた。
総じて一年の感覚が二年になっている。なんとなく生き急いでいる気はする。
私のホームページでは短歌と俳句は十年目ぐらいになっているけど
俳句を初めたのは私のホームページの時からであるが
短歌は三重の津にいた時から初めている。
2002年ぐらいには初めている。一応メモ帳に残してある。
なので短歌は十六年ぐらいやっている。
俳句は仕事先で言われてそれじゃあやってみるかと思ったのがキッカケである。
なんか短い文章なら出来るかなというのがキッカケである。
そんな私が毎日何かを書いている展開になるとは思わなかった。
今はもうこの辺でいいだろと思っている。
気高い精神を極めてエネルギッシュな憲法前文草案作れないかと
私なりの興味である。
ここまでやれば平和になるだろうみたいなエネルギーある文章を作りたい。
全神経がこの高みを乗り越えたい気持ちになれば書けるだろうなあと思っている。
だけど今はそんな高いポテンシャルは持ち合わせていない。
それぐらい材料が整えて初めて乗り越えれる気がする。
なんかそれが私の最近の夢である。
そんなふつふつとした気持ちになれるかが最近の興味である。
あんまりそんな事しなくてもいいとは思っている。
だけど目標としては面白い目標ではある。そんな私に何の問題があるのかわからない。
ほとんど他人の問題であって私の問題ではない。
それでなんでみんな同じになるのかわからない。
皆金や経済みても自分勝手に生きているだけである。私には全く関係がない。
私も私で生きるだけである。なんでそれが許せないのかわからない。
私は私でやる事やっているだけである。
なので他人も他人でやる事やるだけである。
それが不可能なら不可能ってだけである。
何でそんな一般庶民にそんな問題が残るのかわからない。
ほとんど他人が問題だけである。私には一切無関係である。
大体こんなに専門家がいっぱいいるのにみんな同じなんて無理である。
それがわからない人が問題を起こしているだけである。
小学生レベルである。中学生レベルでもないし高校レベルでもない。
ましてや大学レベルでもないし大学院レベルでもない。
とどのつまり子供レベルである。そんな専門もわからなくて学歴も職歴もない。
それが学歴と職歴の無意味とつながっている。
今の世界を知らないし今の世界を理解出来ていない。
それで私に何の関係があるのかわからない。
それでも私なりに高みを目指している。
どうなるかわからないけれどそんな気持ちでいる。
もしかしたらあきらめるかもしれない。それはそれで人生である。
<<追記20181007end





2018年10月5日金曜日

雑記20181005

<<追記20181005
掲示板の書き込みしばらく休業しようかと計画している。
毎日時間がかかるのを他に当てたい気もしている。
十分過ぎるぐらい書いたと思う。
また色々考えると思うけどそれはまた次の機会にしようと思っている。

当分は短歌と俳句とさわやかウォーキングぐらいにしようと思っている。
BloggerとFacebookと三島SNSと掲示板でさわやかウォーキング使って
短歌と俳句に掲示板を使う予定である。
あんまり使ってないと使えなくなる可能性もあるので
その予定でいる。

やがて終わりは来る。
それが私の実感である。どんどん次の展開を目指すしかない。
とりあえず私とは何かについては役目を終えた。
次はもっと冷静に判断した方が良い気がする。
時間があれば自分の書いたものを読んでみたい。
分析することで少し整理される気はする。
自分が書いてる時は主観が入っている気はする。もっと客観的に考える必要を感じる。
それでも私がここまで書くとは思っていなかった。
あんまり自分が見えていない気もする。
そんなこんなで冷静に考える時が来ているような気もする。
なんとなくカエルに始まりカエルに終わっている気もする。
あんまりカエルの鳴き声は聞かない。
子供の頃がなつかしい。幼稚園の先生に教えてもらったカエルから始まり
俳句でカエルで終わっている。なんかカエルにご縁がありそうな気もする。

そんなこんなでそんな予定でいる。
また何か思いついたら文章を始めようと思っている。
それがいつになったらウズウズするのか私にもわからないけど
過去もそうだったからこれからもそうかもしれない。
なんかここまでご苦労さんでしたと言った気分である。
やり過ぎだからここらへんが丁度いいだろうと思っている。
何事もボチボチやりたい。
<<追記20181005end

2018年10月4日木曜日

雑記20181004

<<追記20181004
今日も仕事した。
色々疲れた。とりあえずあと一日である。
あんまりやりたい事もない。
昨日iMacで電子書籍読まなかったぐらいである。今日それを取り返そうと思っている。

仕事のせいで指関節が疲れる。
四人で一日2000が目標で結構続けるのが大変である。
慣れもあって慣れない人が加わるとペースが落ちる。
手が疲れる。来年2月までととりあえず聞いている。
私としてはやるだけやるしかない。

なんか政治にふられているのか科学にふられているのか
それさえはっきりしない。
私としてはただ努力あるのみかなあと思う。
それはそれで無責任である。
それでもそうしなああかんのは学歴と職歴の崩壊である。
どこにも正義が存在しない。
そんな社会である認識が欠ける。
それでも生きていかなければいけない社会ってだけである。
そうやって正義が成立しないのを喜んでも不幸なだけである。
それでも他人の幸せが私を不幸にしている。それが私の現実なんだと思う。
それだけに私は私で幸せにする必要にせまられている。
なんかこれだけでも他人なんてどうでもいいよなと思う。
ただ単に他人がストレスである。
もっと他人が楽園だったらいいのだけどそうじゃあない。
一人で楽しんでいる方がマシである。
つまらない他人ばかりクローズアップして何になるのかわからない。
もっと楽しんで生きれないものかと文句たらたらである。
私としては失敗しながら未来に備えたつもりである。
未来の若者に期待したい。なるようになるだろうと思う。
あるのは勇気あるのみである。決して成功ばかりしていない。
それが学歴にも職歴にもあらわれている。
それなのに未だにそんな問題をかかげるのは私としては無知の無知である。
私にはそんな問題は存在しない。
なのでそんな会話も通じない。それが全然わかってもらえない。
それでズルズル今まで来ている。もうここまでくれば犯罪である。
税金泥棒と無知の無知しか残っていない。
どちらも救えない。私には無関係である。
ただあるのは責任を果たすことだけである。無責任だらけである。
それが犯罪たるゆえんである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181004end

2018年10月3日水曜日

雑記20181003

<<追記20181003
今日も仕事した。
帰宅中に特定健診の結果を知りに行った。
とにかく体重を落とすことを言われた。
それ以外はクリアと言われた。
一年重くのしかかる事業である。

今日は毎週のやることを書こうと思っている。
週3日平日にiMacで書籍を読んで
週2日平日に録画を消化している。
それを少し変化をつけて本で物理と外国語とUMLを取り入れようと思っている。
夕食後にも週3日平日にスマホで書籍を読んでいる。
週2日平日は少し短歌と俳句関連の雑務はあるが少しゆとりがある。
土日はまたiMacで外国語と物理と数学を読んでいる。
一応一週間で一通りを目指している。
段々やることも少なくなりつつある気もする。
目標をどこかに設定する必要があるように思う。
英語にしてもJavaにしても資格をとってもいいんじゃあないかと思う。
ドイツ語とフランス語はまだまだのように思う。
どこかで踏ん切りつけて新たな展開を目指す必要があるように思う。
ここ四年間良くやったと思う。
この四年はかえがたい時間だった。
出来るだけ形を残すのが資格かなあと思う。
出来るだけ面白いようにやりたい。去年は資格元年だった。
この一年良く頑張った気はする。
それにしても体重は減らせるのかあんまり自信はない。
それも一歩一歩かなあと思う。
あんまりにも情報が多すぎて情報を処理するのが難儀な時代だと思う。
滝ように情報が流れる。ついていくのがやっとである。
それが人間に求められていると思う。
結局そこから得るものは格闘しかない。言葉の洪水から格闘することである。
色々混ぜ合わせる格闘ができることである。
そこからひょんなものが出てくる。それが哲学だと思う。
私の無意識が底にあらわれる。そこまで格闘することである。
そのために毎日日課をこなしている。そうなるように努力したい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181003end

2018年10月2日火曜日

雑記20181002

<<追記20181002
今日も仕事した。
疲れたには疲れた。
昨晩は読書した。
今夜もする予定である。
昨日は日本人がノーベル賞だったようで私には異次元の世界の人のように思った。
まあ何事も人それぞれだなあと思った。
あんまり医者にはいい印象はない。それが私の気持ちだからだろうと思う。
なんかコワイ。影で何やっているのかわからない。
警察もコワイ。なんか医者も警察も同類である。

最近の楽しみは新しいことを知ることである。
知らない事がたくさんある。
それが私のエンジンになっている。
色んな所に私の本音がある。
それが世界を知ると発露する。
なんか知識を食べている気はする。
なんか元気になる気はする。
日増しにエスカレートしている気はする。
それぐらい無意識は奥が深い。
そこに何かしらのヒントがある気はする。
そのために自由がある気はする。
楽しいのもある意味楽しんでいるから楽しいんだと思う。
それだけに楽しいものにひかれる気はする。
それで色々気づく事もある気はする。
なんとなく楽しいから気づくように思う。
法律も滅茶苦茶で警察も滅茶苦茶で医者も滅茶苦茶なので
一般庶民としては異次元空間である。
それでも出来る事とはなんなのか考えさせられる。
あんまり私にはいつまでも蚊帳の外のように思う。
社会にとり残されている。全然社会の一員じゃあない。
どうぞお勝手にコースである。それでも出来る事を探すしかない。
社会に認められていない事をひしひしと感じる。
私にはそれでも生きるという命題だけが残っている。
普通のエリートだったら自殺していると思う。
それでもここまで来たのは奇跡だろうと思う。
あんまり気力体力はない。
あんまり乗りこえる力もない。それでも私に何が出来るだろう。
それだけでここまで来たのが私の現状である。
何にも偉くないと思う。それが私の滅茶苦茶に対する思いである。
なんか清算するものが滅茶苦茶が先のように思う。
それが昨日の医学の話に対する嫌悪感である。
そんなんで話はまとまらない以上まだ当分時間がかかりそうである。
幻聴もそうだし滅茶苦茶もそうだし社会もそうである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181002end

2018年10月1日月曜日

雑記20181001

<<追記20181001
今年の夏は
台風は来るは暑いは大変だった。
ある台風は東から西へ横切った。
なんか最近は変な天気が多過ぎる。
地震もあるし何か神様からのメッセージのような気がしたり
なんか色々対応に困るご時世だなあと思う。
そういう意味では試練でもありそれでも生きなああかんというのもある。
温暖化も人口減少もなんかもっと良い策考えた方が良い気はする。
どうやったら仕事出来るのか真剣に考えないと解決しない。
それなのに自分ばかり良くなろうとし過ぎである。
それが競争のたたりである。
もうちょっと日本全体を考える人が必要である。
それなのに個人プレーばっかりである。
どうしたら仕事が出来るか仕事の環境を良くする事考えた方がいい。
それも勉強も同じである。
どうして自分だけ良くなろうとすんのか私には理解不能である。
それがなんか神様のたたりのような気もしたりしてあんまりいい気分じゃあない。
もっと自分の環境を良くする事を考えた方がいいと思う。
その次に利益だと思う。どうしたらこの世界に利益が出るのか考えた方がいい。
私には仕事の中身だと思う。その仕事が次の何かに役に立てば次につながる。
そうやってポテンシャルを上げていかなければ仕事は増えない。
それが個人プレーのせいで全然ポテンシャルが上がらない。
そんな仕事を排除しないと仕事は増えない。
その人だけの仕事で終わる。
もっとあんな人もこんな人も仕事できますみたいにしないと仕事は増えない。
そういう閉鎖的な社会にしか見えない。
それがなんか神様怒っている気がしてならない。
私にはなんかそんなメッセージを感じる。私にはわからないことだらけである。
それでもいろんな自然を感じて生きている。
当たっててもはずれてても万事結果オーライである。
それが人間の生き様のように思う。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20181001end

2018年9月30日日曜日

近況20180930

<<追記20180930
昨日今日と台風の影響でずうっと家にいる。
それで少し一週間の過ごし方のヒントを得れた。
やっぱり変化が何かを教えてくれる気はする。
短歌も俳句も何かしらの変化が次へのヒントになる。
そういう変化を少し感じるというのが発想の源である。

今日はスマホの話しようかなあと思っている。
私がスマホを使うのはニュースとか天気予報とか他には
辞書代わりとかインターネットで検索とか書籍の読書とか俳句に短歌の記録とか
この掲示板の文章に極たまに作成してコピーして下書き保存したり
テレビの番組表を見たり
動画も暇な時に見たりぐらいである。
あんまり使わないけど
ラジオアプリとか計測機器アプリとか星座アプリとか計算機アプリとか
地図経路アプリとかもあるにはある。
あとはメールと電話ぐらいである。
移動手段としては使えるけどそんなに長い間移動しているわけではないので
家にいたらほとんどパソコンである。
家でスマホ使うとしたら
書籍と短歌と俳句ぐらいである。
他には腕時計と連動して血圧や脈拍数や酸素の血中濃度ぐらいである。
なんか色々暇な時間が無くなってきているような気もする。
それがスマホの威力かなあと思う。
家の生活はそんなに変わらないけど外出先の時間が変わってきているような気はする。
仕事もスマホで対応出来る気はする。
もちろんパソコンでも対応できるけど移動できるという意味でリアルタイムのようには思う。
それでもそんなに人間頑張ってどうするのみたいな気はする。
もっと休み時間の事考えた方が良い気はする。
勉強もリアルタイムになってそんなに勉強してどうするのと思う。
ただあるのは競争だけが目的になっている。
あとは無駄の産物にしかなっていない。
そのため予算の獲得と次元が同じである。
それよりもっと人間はどうするべきか考えた方がいい。
競争の弊害だけが重くのしかかっている。
もっと競争より大切な事がありそうに思えてならない。
それを見つけるしか私には競争に変わるものが思いつかない。
そんなこんなでこの競争に何が残るのか私にはそんな興味しかない。
それより毎日充実した一歩一歩である。
私はみなさんの不死鳥を見ていたい。それが私のボトムアップである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180930end

2018年9月29日土曜日

近況20180929

<<追記20180929
今日は昼間買い物に出かけた。
午後からゆっくりする予定である。
午前中色々考えてたら
私は防波堤になるように山でもいいじっとする事かなあと思ったりした。
あんまりジタバタしても浮き立つだけである。
ひたすら沈静化のためにじっとした方が良い気がした。
なんか心境としてはこれでいいのだみたいな気はする。
あんまり私が良くなろうとか悪くなろうとかどうでもいい。
ひたすら今の現状を受け入れる覚悟があるかないかぐらいしかない。
必要なのはただじっとして今の現状を受け入れるしかない。
私だけでもなく他人もそうだと思う。
自分の状況がどうより流されない生き方した方が良い。
流されれば流されるほど自分が悪くなる。
だって態度が変わるからである。それより肝を据えてじっとした方がいい。
私自身もうあんまり私がどうとかのレベルを超えている。
私にはいかんともしがたい。そのため私に出来るのは防波堤のように
ただじっと物事を見据えるだけである。
それだけのみ周りは浮き立つことなく沈静化するような気がする。
あんまり自分が良くなろうが悪くなろうがあんまり状況は変わらない。
必要なのは防波堤のようにそびえ立つ事である。
それでこそ威力が発揮される。
最終的に生きるとはこういう事なのかもしれない。
他人より静かに他人よりどっしりと他人より冷静に
それが最終的にぶれない生き方のように思う。
それがいかんともしがたい対処の仕方のように思う。
それが肝を据えるという事なんだろうと思う。
風林火山のように最後は山が残った。ただあるのは山のみのような気がする。
それが最近色んな事があって私としてはそれぐらいしかない気がしている。
あんまり色々言っても仕方ない。それが私の実感である。
それぞれ人生がある。私が何言ってもしょうがない。
そんな事にジタバタしても解決しない。ただひたすら仕事してじっとするだけである。
それが私の本音である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180929end

2018年9月28日金曜日

雑記20180928

<<追記20180928
今日も仕事した。
本当は明日は出勤日だけど
有給休暇をとった。家の掃除でもしようかと思ったりしている。
雨なので雑草も抜きたいけど無理そうである。
健康診断の結果もそろそろ聞きに行かないといけない。
平日の帰宅時に寄っていこうかと思っている。

私の出来ることは
問題の格闘ぐらいである。
それを呪詛としたら生きてる意味無い。
なのでとりあえず問題解決目指してる。
そのために格闘している。
そういう現状があるためだと思っている。
それなのに問題が多すぎる。
エリートが悪いせいだと思う。
もっとまともな人間いないのかと文句たらたらである。
それでも私としては良くやり過ぎである。
これ以上私にどうせいと言うのか私にはわからない。
つまらない人間多すぎる。
そんなのと関係無い生活がしたい。
それでも続けようとする。
本当にイカれてる。私にはどうしようもない。
それよりまともでいたい。
それが私に先に立つ。それが私の現実である。
もっと面白い事たくさんあるはずなのに
つまらない上につまらない。
そんなんで希望は見えない。
そんなんで他人より自分自身になっている。
それでも神様と運命共同体である。
私は私でやる事やるだけである。
当分先は見えない。そうやって現実を変えてきた。
現実が嫌なら現実を変えるしかない。
それが出来ないならただ現実があるだけである。
私には何の問題もない。
ほとんど他人の問題である。
私は私でやってきただけである。
それは他人がどうする事も出来ない事実である。
それが他人に出来るかどうかぐらいしかない。
私はそれにただ無関係である。
それを私の問題にするには問題がありすぎである。
もうどしようもないねえぐらいしかない。
つまらないの一言である。どうしてそんなにつまらないのかの方が問題である。
それがどうして私に関係あるのか全然理解出来ない。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180928end

2018年9月27日木曜日

雑記20180927

<<追記20180927
今日も仕事した。
とりあえずあと一日である。
最近は良く指が疲れる。
いつの日か複雑骨折した指が痛くなる。
とりあえず土日が来ると回復する気はする。
それでも何か健康にはなる気はする。
指もなんとなく動けるようになったかなあと思ったりする。

幻聴も相変わらず通じない。ストレスのオンパレードで意味不明である。
一体女は何がやりたいのかわからない。
叫んで通じてたら何も言うことない。それが正反対である。
もっとまともな女いないのかと文句たらたらである。
私としたはもっとまともな会話がしたい。それが私の欲求不満である。
通じない人が全開で叫んでいる。私としてはナンセンスである。
それがどうやったらわかるのか私には理解不能である。
それで通じないと言ってもそれが許せないようである。
私としてはどうしようもない。そんな重要な女なのか全然理解出来ない。
それが理解出来ないのが正義じゃあないと言われても
私には理解出来ない。
私はどうしたらいいのだろう女のアドバイスが聞きたいぐらいである。
母親は他界したし妹ぐらいかなあと思うけどあんまりそんな話はしたことがない。
一体どうしてそんな叫んでいる女が重要なのか全然わからない。
私としてはもっとまともな会話出来る女に一票である。
それが私の欲求不満である。それが理解してもらえない。
いつまでこんな平行線を続けるのか理解不能である。

そんなんだから私の問題は続いているような気がする。
それでも私には何の問題なのかわからない。
もう私としてはすっきりしている。それでも私の問題が浮上している。
まさにチンプンカンプンである。
もう私も中年である。普通にまともな会話出来なくて満足しない。
それがどうしたら女に伝わるのか私はその問題にいつも直面している。
私なんて問題外としか思っていないようにしか思えない。
本当に蚊帳の外である。それで私は満足すると思っているのがわからない。
まともな会話のやりとりを度外視しているとしか思えない。
私としてはもっと面白い会話がしたい。それが私の欲求不満である。
女の実現したいことが聞きたい。私はそれを実現するとどうなるのかまた考えたくなる。
そんな夢のある生活が私はしたい。大きければ大きいほどいい。
それが私の気持ちである。それなのに全然理解不能の叫び聞いてて生産性がない。
ほとんど無用のコンテンツである。私としては夢が聞きたい。
そんな夢も持てなくて生きている価値無い。それが私の実感である。
そんなこんなでまともに夢を語る話がしたい。それが私なりの愛である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180927end

2018年9月26日水曜日

雑記20180926

<<追記20180926
今日も仕事した。
散髪して帰宅した。
疲れたには疲れた。あと2日である。

もうなんかここまで来ると現実を受け入れられるか受けいられないかぐらいしかない。
面白いのも面白くないのも同じ次元である。
ほとんど本人の問題なのに他人の問題になっているぐらいしかない。
それを私にはどうしようもない。
しょうもないねえぐらいしかない。
次元が現実拒否しか残っていない。それを私にはどうする事も出来ない。
そんなんより現実を変えていくしかない。
それを他人は放棄している。
他人の問題になっている。私にはそんなの無抵抗である。
それを私にはどうすることも出来ない。
ただあるのは現実だけである。私には全く問題がない。
私の問題は私の問題であって他人の問題ではない。
もう自己努力しか現実は変わらない。
それを私にどうせいというのかわからない。
私としてはどうしようもないねえぐらいしかない。
私としては私のやる事やってきた結果である。
それは他人も同じである。今度は他人の番である。
私は私でやる事やってきた。もう私には無関係であるのみである。
他人がどうより自分自身の問題である。
それでしか面白くならないそう思う。面白い人生は本人の問題である。
私の問題ではない。なのであんまり私がどうしても自分自身の問題でしかない。
それでも私には神様次第にしか思えない。
それで私は神様に感謝している。
それでも今後も神様次第である。
温暖化を聞くとエネルギー問題も解決する必要がある気がしている。
北朝鮮の問題もあるけどやっぱり神はどこかで我々を見ている気がする。
やっぱり私一人でどうにかならない。それが私の実感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180926end

2018年9月25日火曜日

雑記20180925

<<追記20180925
今日も仕事した。
夕食の買い物して帰った。
昨日はいつも通りに読書した。
短歌を作らなあかんのと読書もしたい。

本音は私みたいな人存在しない。
もっと大事に使ってくれないかと文句たらたらである。
そうやって消耗戦をするのは悪い癖である。
もっと創造的な事せなああかんそれが正直な気持ちである。

ダイエットして一週間
少しやせ我慢した程度である。
とりあえずあと一週間は続けたい。
あんまり変わった所はない。
それでも健康診断したのだからとりあえず頑張って見ようと思っている。
長年の悪さが私にどういう影響を与えているのか考えるのも面倒である。
なんか文句言いたくなるけど仕方ない。私の体だから頑張ってみよう程度である。
私にどうしてもらいたいのか私自身もわからない。
なんか説明するのが逆なんじゃあないのかと思うけど
変な状況下にいるのは間違いない。なんか体の循環がどっかで止まっている気がする。
私には無抵抗である。そちらの責任で私の責任じゃあない。
それを私に説明を求められても変だとしか言えない。
そう変なことがたくさんある。それをどうしようもないというのが私の状況である。
長年の蓄積が悪さをしているような気がする。
水分の関係かリンパの関係か体のめぐりに問題がある気がする。
あんまり全部を知るとコワイ気がする。
そういう無責任体質で今まで来ている。
良くそれでも衝動的に行動しないのは私をオモチャにしているせいかもしれない。
それぐらい気味が悪い。そんなこんなでアキラメ気分である。
それでもダイエットを求められる。それはそれでチンプンカンプンに近い。
まあとりあえずあと一週間である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180925end

2018年9月24日月曜日

韮山駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20180924
今日は韮山駅から伊豆仁田駅まで歩いた。
途中くねくね曲がって久しぶりに距離があった。
疲れたには疲れた。今日も良く寝れそうである。
大場駅とバスの中で短歌を二首俳句を二句作り終えた。

気分的には全国行脚したい気はする。
何か旅したい。短歌と俳句を思いっきり作りたい。
子供に笑顔を取り戻したい。夢のある世界にしたい。
愛らしい世界にしたい。頑張りたくなる世界にしたい。
元気がはちきれる世の中にしたい。

なんとなくそれだけで生きている気はする。

もうなんか世の中能書きばかりである。
そんなんより楽しく生きる事かなあと思う。
蝶も赤とんぼも飛んでた。
コオロギが鳴いていた。
それ以外のバッタやキリギリスのような虫の音もあった。
帰り際S−POTに寄って電池と洗剤を買った。
それだけでも何かやる事やった気でいる。
あんまり気になる事はない。今のままでいい。なんかそんな心境である。
あんまりそんな自分を想像してなかった。
ずうっと何かやっているつもりだった。
問題は解決しないそう思ってた。それが晴れてしまった。
人生意外とそういうものらしい。
私は人生を達観していると思えない。
達観しないまま人生を終えるつもりだった。
それがコペルニクス的転回ならぬ脇田隆之的転回らしい。
あらゆる問題が解決するとはこういう事なんだと思う。
なんかウソみたいである。それが科学のなせる技なんだろうと思う。
何かそれだけでも夢があるよなと思う。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180924end





2018年9月23日日曜日

近況20180923-24

なんか賢く生きるのに
なんでそんなにもめるのか私にはお手上げである。
関係無い話にしか思えない。
誰でもいいなんて考えていない。
美しくてかわいいなんて考えていない。
あるのは合理的に生きるだけである。
それが可能じゃあなくて
何にも進まない。
何で話も成立しないで私に関係あるのかわからない。
もっとまともな奴いないのかと何でそんな問題になるのか理解不能である。
もう私をラクにさせてくれ。
ただそれだけである。

健康と憲法

憲法前文草案と自分の健康状態について述べる。

憲法前文草案はなんか大学の教養課程の影響である。

なんかとてつもないものにチャレンジしたくなるたちなのである。
なんかそんな人間の大事な部分が草案になるといいなあと漠然と思っていた。
そういう意味で直球勝負である。
それでも自分の健康状態は最悪だった。
言い出すとおかしな事ばかりで
それが大学生活の不満でもあった。
大学出る頃は寝たきりになってしまった。
東芝テックの子会社辞める時も頭が疲れた。
なんかもっと余裕を持って生活したい。
それが私の常にある悩みである。
先に立つのが健康なのである。
不健康で仕事して何が楽しいのかわからない。
中年でもあり何の仕事やるかで運命も変わる気がする。
年々状態は軽くなっているけど
まだ幻聴があると気分は悪くなる。
体重も気になる。
なんかそれだけでも仕事どころじゃあない気はする。
どうしたら人間が回復するのか私には理解できない。
たまらんというのが本音である。

とりあえず金曜日からの宿題は終わりにする。

また自由気ままに書き込みたい。

外国語

英語とドイツ語の未消化について述べたい。

修士生の頃にはベルギーの先生が来日して対応に困った。
大学入試も困ったけどそれ以上に困った。
外国人に三人ぐらい話しかけられてそれも困った。
要するに語順が根本的に違う。それに慣れていない。
ひたすら発音するか書くかぐらいしか解決策がない。
そんな機会が私に無かった。
高校入試も何とかなったけど
なんでなのか考えさせられた。
知識が定着する難儀もある。
あんまり単語を覚えても使えないのである。
それなりに時間が必要である。
つまり根気がいる。
そのために問題が必要とされる。
そんなため頭の体操が色々要求される。
そんな英語の変遷も
ドイツ語にも言える。
それでも時間はかかる気はする。
根気のいるのが外国語である。
最近は英語にもまだ先があるように思っている。
受験英語は問題だらけというのが実感である。
必要なのは直感だと思う。
そこまでの英語になっていない。
もっと英語にふれた方がいいと思っている。
そんな機会を増やして
他の外国語も時間をもうけている。
結局最後まで残るのが外国語のように思っている。
なのでどこまでも長期戦である。
それでも何か気分は変わる。
気長に外国語をやりたい。

----------------------------------------------------------------------
「英語と一緒に学ぶドイツ語」 「CD付 英語でわかるドイツ語入門」 今年になって読み出したものである。 どうしたらドイツ語になれるか悩んでてこの二冊のおかげで助かっている。 「どんどん話せるフランス語作文トレーニング」 この本を読んでいるといかに動詞が大事か感じる。 フランス語は動詞がキモのように思う。 ドイツ語の場合は名詞の冠詞がキモである。 「英語と一緒に学ぶ中国語」 中国語を学ぶ機会が無くて困ってて沼津のマルサンで見つけた。 それでも発音は難しい。 弘法大師も発音できたのか結構難解だなあというのが正直な気持ちである。 なんか逃げたくなる気持ちも英語同様に感じる。 「伝えたい言葉が見つかる!もち歩き韓国語日常単語集」 この本の韓国語には文字を発音する対応表があってこの本使って色々調べている。 まずは読めるのが目標である。 他にもiMacにkindle本がある。 文章やら単語やらあって 色々調べたりして一週間に一通り完成するように調整している。

「理系のための英語最重要「キー動詞」43 600超の例文で独特の用法を完全マスター! (ブルーバックス)」
「理系のための英語「キー構文」46 : 英語論文執筆の近道 (ブルーバックス)」
「理系のための英語論文執筆ガイド : ネイティブとの発想のズレはどこか? (ブルーバックス)」
「英語の類義語 動詞使い分けBOOK」

「[音声DL付]究極の英語リスニング Vol.1~Vol.4 合本版」

基本的にリスニングと音読をやっている。
理解出来なくてもいいやぐらいにやっている。
動詞の類義語だけでもたくさんある。問題は単語が他にもたくさんある。
そう私に教えてくれる。
日本人がニュアンスが違うなんて言い出したらゴールかなあと思う。
でもなかなか難しいというのが実感である。