2019年4月25日木曜日

雑記

<<追記20190425
今日も仕事した。明日は診察日のため事実上連休モードである。
いくら女の人が見る目があっても情報の信頼性を吟味出来ても
本当の情報の中身を知らなければ知らないのと一緒である。
私が幻聴を聞いてる手前ほとんどクレイジーである。
それは情報が無いのと同じである。何の価値も無い迷惑である。
それで女を信じろと言われても私は信じない。
それが私の実感である。もっと大事なのは情報であって女ではない。
結局中身の無いまま世の中が推移している。
それは男も女も同じ状態であって女がエライわけではない。
だって男も女も中身が抜け落ちているからである。

結局情報の中身があるのと無いのとで違うだけであって
いくら女を信じろと言われても私は信じない。
ただ信憑性を信じているだけであって中身は抜け落ちている。

ただ男は男で自分勝手過ぎる。
社会性は全くゼロである。もっと情報収集力をつけた方がいい。
可能性に程遠い。女に負けている。
女も女で情報に価値が無いけど男は男で無頓着過ぎる。
似たり寄ったりだけど情報戦では男が負けている。

それが私の感じる男と女である。
もっと情報の価値に私が感じているのとは程遠くて情けない状態である。
そのため決して女が信頼出来るわけではない。
ただ右往左往しているだけであって
それより私の方がマシというのが本音である。

そのため女の方が人を見て判断している所があるように思う。
ただそれだけで情報を吟味している。
男は男で無頓着である。
だけど再三言うように情報の中身が大切である。
右往左往しようが無頓着だろうが中身は同じである。

要するに私は私で頑張っていると言う事だろうと思う。
それが功を奏している。それが私の社会現象である。
最初の動機は文章を書くのが財産になるように書いていた。
それが段々発想するための書く原因になっていった。
そして今や本音をぶつけるのが書く原因になっている。
それが価値のある事だと思うのは色んな事に応用出来そうだからである。
色んな事を文章にしたというのはそれが可能であると言う事である。
そんだけ可能性がある。
それを感じないのも感じるのもお金の問題というより能力の問題だろうと思う。
お金も大事に使わなああかん。いくらなんでも能力は大事である。

明日は診察日である。
ボチボチやりたい。
<<追記20190425end

2019年4月24日水曜日

雑記

<<追記20190424
今日も仕事した。残業は無かった。
比較的ゆっくり過ごしているつもりである。
ここんとこ頑張りすぎかなあと思ったりする。
ゴールデンウィークに入ってまた頑張るような気もする。
何が良いのか複雑な心境である。
仕事が良いのか休日が良いのか生活が良いのかこの世は最悪に思える。
あまりに中身が無い。むなしさを感じる。まさに諸行無常の響きあり。

昨晩は自分のための愛についてスマホのブログで書き込みした。
総じて損得で動くから愛が欠乏する。
愛を持って行動しないからこうなる。それを他人は良く見ているのに
まわりは愛が欠乏して仕事している。
そうしてみんな損得で動くようになる。それが他人がアテにならない理由である。
愛があってこそ環境が良くなる。損得で動くから殺伐とする。

https://ameblo.jp/wakkii-road/entry-12456369569.html

もっとまともな仕事とは何なのか考える必要があるように思う。
それが定義出来ないから無理な要求が出てくるように思う。

とりあえず今週もあと二日である。金曜日は診察日のため
事実上明日一日である。ジタバタしてもしょうがないのでじっくりやりたい。
そんなこんなでじっと一歩一歩進むのが私の楽しさである。

総じてやり過ぎのように思う。
これ以上私は何をやりたいんだと思う。それでもやる事やるだけである。
自分の事でさえままならない時代に私は良くやっている方である。
私に色んな事をやらせた結果だろうと思う。
それなのにエリートは小さな世界でしか勉強しない。
それで競争なんて小さすぎる。結局ラクし過ぎである。
そんな認識が生まれないのは世界が小さすぎる。
それで私の苦労がわからないバカがいる。同じ小ささである。
もっとスケールがでかいとは何なのかわからない。
それで、もめてても私には無抵抗である。勝手にしろである。
それで民主主義と憲法は終わりである。
ここから立ち上がるのは愛しか残されていない。私はそう思う。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190424end

2019年4月23日火曜日

雑記

<<追記20190423
今日も仕事した。残業は無かった。
昨日は他人に期待する将来について今日書き込みたかったけど
一人で生きてるわけでもないのにあんまり他人がアテにならない。
それはそれで悲しいなあと思う。
それで私自身も自己防衛せなああかん状態である。
もっと堂々と仕事出来ないものか文句タラタラである。
昨日のブログをどうぞ。

https://ameblo.jp/wakkii-road/entry-12456146013.html

仕事してて体力と精神力が段々衰えている気はする。
いつまでも若いようにはいかない気がする。
そんなにプログラムの仕事が出来るように思えない。
それが正直な気持ちである。出来ない事はないけどフルタイムが難しいと思う。
24時間戦える気がしない。そこまで時間をかけて仕事出来る気がしない。
四六時中考える体力と精神力が心配である。
そんな手前もっと違う仕事がしたいのが本音である。
新たな世界で仕事してみたい気はする。
本を書くとか塾で講師やるとかそれでもなかなか一歩が踏み出せない。
もっと色んな人に出会わなければありえない気がする。
それで結局読書するしか私にはチャンスがない。
他人の意見を聞くのが読書になっている。
それでも私としてはもっと夢のある仕事をしたい気はする。
みんなが期待するような仕事がしたい。
それが人間の営みのように思う。政治だけじゃあない気がする。
なのに政治一つみんなの期待に沿っているのかあやしい。
その場限りの政治のように思う。
もっと人間が希望を持つとは何なのか国民がチャレンジしないと最悪である。
もっと期待値の高い人が競争に勝たないとこの国は最悪である。
個人主義か何か知らんけどもっと期待に背負って競争すべきである。
そんな人がいないからどうでもいい結果になっていると思う。
もっと他人に期待されるような競争が出来ていない。
それが株にもあらわれている気がする。
そんなんだから競争より自由が求められていると思う。
権力志向でこの国は成立している。あとはあるのは権力の崩壊しかない。
もっと何でも出来るような自由しか残されていない。
防波堤のように私は私で備えるだけが私の取り柄である。
そんな時間が他人に存在しない。経済も空洞化している。
もっとコアな仕事が出来ていない。そんな仕事でいいのか私には信じられない。
それが私の現状として憂慮する実情である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190423end

2019年4月22日月曜日

近況

<<追記20190422
何となく今週は何もやらない週間にしようかと思っている。
何かゴールデンウィークにエンジンをかけようと思っている。
何かここまでやり過ぎである。たまにはゆっくりするのも大事のように思う。
それでも短歌と俳句だけは別である。
ゴールデンウィークは何かやらんと五月病になりそうである。
そんなに急いでやる必要も無いのだからゆっくりやる事を主眼にしたい。
なんか今日は脱力気味だった。何か無理してやる事ないよなというのが本音である。
やっぱりゆっくりやるのが大事のように思う。それをゴールデンウィークに実践したい。
何かゴールデンウィークの雰囲気にのまれている気はする。
それでもやる事をやるのは大事である。ひとまずゆっくりじっくりやりたい。
それが今週の何もやらない週間にしようと思う動機である。

それでも何かやってると思うけど気になる事中心にしようと思っている。
必要なのはリラックスとやる事をやるの両立である。
あまりに最近はかたよりすぎである。

政治に何を期待するのか私なりに考えたい気もする。
まずは教育である。もっと抜本的に教育内容を変えた方が良い。
英語と数学と国語ぐらいで十分である。その他の大半は高校ぐらいからで十分である。
何か教える事が重複しすぎである。
それより英語と数学と国語を重点的にやるべきである。
その他は自己学習にすべきである。何も教科にしてテストなんていらない。
そうやって生徒の時間を作る事が大事である。
今の現状は生徒の時間を無駄に使っている。もっと時間をかける事を間違っている。
これはこれで犯罪である。もっと時間を有効に使う事を生徒が覚えるべきである。
もっと今の学校での勉強より社会で働けるための勉強をすべきである。
そのために生徒は時間を使うべきであってそういうカルキュラムに移行すべきである。
そうしてようやく生徒の時間が生まれ生徒の工夫が始まる。
生徒の負担が今の教育では大きすぎる。
もっとラクにしてもっと地道な教育を目指すべきである。
そんな賢くない先生が講義しても何にも得はしない。
もっとためになる講義をすべきである。そういう教育にシフトすべきである。
十分高校や大学で吸収出来る。重複が大き過ぎる。
そんなに義務教育が大切なら高校も義務教育にすればいい。
だって中高一貫校なんてほとんどそれに近い。
何でエリートだけ大学入試に集中するのか私にはわからない。
教科をスリムにして時間をもっと有効に使う必要があるのは
あんまりにも技術が高校生に伴っていないからである。
今必要な技術が先生に存在しない。それなのにエリートだけ得をしている。
これじゃあ不公平である。もっと時間を有効に使えるカリキュラムにすべきである。
エリートだけ試験に特化しているだけの差しかないのに
エリートの方が大学出てからの技術の差が生まれている。
これは本当に犯罪である。エリートは国民の事なんて考えていない。
ていよく丸め込んでいるだけである。
だからその差を埋めるために教科をスリム化した方が良い。
そのあいた時間を技術にまわすぐらいの配分をしてはじめて
それでようやく公平になる。あまりに特権階級が作られ過ぎである。
もっと生徒の時間を有効活用する事に先生も考えるべきである。
今日は教育についてだった。
明日は違う事を書き込みたいけど教育が根本的に行き詰まっている気はする。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190422end

2019年4月21日日曜日

近況

<<追記20190421
今日は父と温泉と昼食と買い物してきた。
その他は色々まだ悩み事があって色々調整していた。
今週の課題もアラビア語のみになっている。
それでも昨日は少しやったので今晩のもう一押しである。
それともう少しプログラムの本を読もうかなと思っている。

悩み事はそんなに大した事はない。
工夫が必要な程度である。それも刻々と変化する。
私としては何かやってたら満足なわけで手が動くうちはマシである。
それもこれも時代が解決するように思う。そんなわけで私一人でどうにかならない。
私の悩みをどこの本のどこの章が解決しそうぐらいである。
それも解決するかも過ぎてみないとわからない。
それと電子書籍があるのを見落としててそれも他の悩み事の解決だった。

何となくゴールデンウィークのような気分である。
それでもその日までちゃんと仕事しろという今週の朝礼であった。

昨晩の政治の話をスマホのブログでした。

https://ameblo.jp/wakkii-road/entry-12455701391.html

もう何か政治で解決するしか手段が無くなっている気がする。
従来の政治で良いのか私には疑わしい。
もっと計画が必要に思う。計画通りにいかないのが人間世界だけど
おおまかな計画ぐらい作るべきだと思う。
それに向かって国民が目指してみるべきだと思う。
やみくもにやってもやみくもに終わっているだけである。
それなのに無意味な競争をやって喜んでいる。
そんなの必要じゃあ無い。必要なのは結果である。
バカが喜ぶ過程でもない。最終的に結果である。
それに向かって計画ぐらい作れないのかと文句タラタラである。
バカも秀才も喜ぶものが間違っている。
色んな人の話を聞くべきなのが間違っている。
排他的なのはチャンスを逃す原因である。むしろ色んな人の話を聞くべきである。
自分でどうにかならないし自分で権力を持つのもどうにかならない。
それより色んな人の話を聞くべきだと思う。
それが民主主義の良い所なのに個人主義に走ろうとする。
考える材料がそこらじゅうにある。それが自然の摂理である。
そこに神様がいれば何かが生まれる。そこに必然がある。
決して一人でどうにかなる世界じゃあない。最後に頼るのは神様である。
それを人間は忘れてはいけない。そう言う意味で理想は知らぬが仏である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190421end

2019年4月20日土曜日

伊豆仁田駅からJRさわやかウォーキング

<<追記20190420
今日は伊豆仁田駅から広小路駅までだった。思い思いに歩いた。
疲れたには疲れたけどそれぐらいがちょうど良い気もする。
なんか平日になって元気が出てくる気がする。
人間って不思議な生き物である。疲れた方がまだマシだからである。
人間だけじゃあないかもしれないけれど考える事は人間だけのような気もする。
それが何を意味しているのか人間は考えた方がいいからなのかなんなのか
行き着く先は神に近づいている気もする。
だけどやっぱり当分は神様になれない時代だろうと思う。
私が生きている間は近づけないと思う。
だけど近づこうとしないと未来が見えてこない気もする。
神様がいるような気がしないとなかなか発想が難しい気がする。
無から生み出すのは至難の技である。神様がいると孤独にならない。
自然と一緒に神様といると発想しやすい気がする。
それが人間の不思議な所のように思う。神様信仰はダテじゃあない気がする。
そうやって可能性が見出されてきた気がする。
神様に寄り添ってこそ協調が生まれる気がする。
やたらむやみな個人主義は神様の冒涜から生まれている気がする。
それでエライ人間が出てくる。それが厄介な他人のはじまりのように思う。
そんな問題のほとんどは神様がいれば解決するように思う。
もっと普通にしていられるのは神様のおかげである。
そんな世の中にせなああかん。一個人が出来る出来ないなんてナンセンスである。
なんとか大人がやっていける世の中が大事である。
それがシステムであり神様であり自然である。

それなのに出来る出来ないなんて言っているのは個人の都合であって
私にはどうでもいい。
もっと神様にちかって生きれるようにした方がいい。
神様を裏切るような生き方しない方がいい。
それが人間の協調を生み出す気がする。それが日本の神様信仰のように思う。
日本は神仏習合である。それはなんか仏にだまされている気にはなる。
そんな風に生きれたら良いなあとは思う。
だけど私には苦痛を感じて生きている手前程遠くなっている。
ブッタがいれば本当にそんな生き方出来るのか聞きたいぐらいである。
だけど挑戦としては理想のように思う。
私は大学浪人で幻聴が起こり精神がくずれてからそんな挑戦は無理になっている。
単純な気持ちで生きれる方が優先になっている。
もっと大きな世界観は持てなくなっている。
そんなこんなで悟りには程遠くなっている。それでも色んな事を勉強してきても
気持ちには単純さがつきまとっている。
そうじゃあないと自分が支えきれない。それなのに私と比べてどうすんのと思う。
体力的に精神的にもっとどうでもなる人に努力が足らない。
本当にこの世は罪悪で出来ているとしか思えない。
もっと仏になれる人いないのかというのが私の本音である。
それが私には困難であり他人に対する気持ちである。理想に程遠い気がする。
観音菩薩はいるけど如来がいない。そんな感じが今の状態である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190420end





2019年4月19日金曜日

短歌と俳句と雑記

<<追記20190419
今日も仕事した。残業もなかった。
夕食の買い物して帰った。
今晩は録画でも消化する予定です。

小学生の問題に入る。
いつまでも幼稚で困る。
もっと大きな事を考えたいのに
いつまでもくだらないのは
大人じゃあないからだと思う。

得意な事しかやらない。そんなんで生活出来ない。
一通りやる事やってる。妄想もはなはだしい。
何か異次元の話は疲れる。私はもっと真面目に生きている。
どうしてそんな事が理解出来ないのか私にはちんぷんかんぷんである。
協力出来ない人が抵抗しているだけである。
もっと役に立つとは何なのかバカもはなはだしい。
そんなんだから民主主義も憲法も成立しない。
なんか異次元空間の話にしか聞こえない。
私にはどうしようもない。それが私の本音である。
<<追記20190419end

短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_4.html 


---> なぜだろう桜目掛けて問いつつもはっきりしない春の夢かな 行月 
---> めでたさも桜に隠れ読書ありぐっとこらえて闘志を燃やす 行月 
---> 日に当たり桜に隠れ歩き出す青空にあるこたえ求めて 行月 
---> 桜にもめでたさどこか裏腹に淡き思いがただようばかり 行月 
---> 夜桜をただよいながら期待して春爛漫のスタートダッシュ 行月 
---> 目の前の桜眺めて息をつく春の中にもめでたき世界 行月 
---> 満開の桜目掛けて問いつつも淡き思いがただようばかり 行月 
---> 桜散る姿焼きつけ気合あり別れを惜しむ思いを胸に 行月 
---> 春なのに桜咲くのもウソのようやるだけやってボチボチかしら 行月 
---> 桜散り別れを惜しみ踏み出してのりこえるもの様々かしら 行月 


/*課題あり*/
/*どうするべきか*/
/*悩むなり*/
/*連休あれば*/
/*なんとかなるか*/

/*時間かけ*/
/*色んな事が*/
/*山のよう*/
/*良くもわからぬ*/
/*毎日かしら*/


俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_4.html 


---> 花吹雪やがてどこかでまた出会う 行月 
---> 祈り込め記憶に残す花吹雪 行月 
---> めでたさも桜に込める記憶かな 行月 
---> 桜から力をもらい歩き出す 行月 
---> 桜散りやがてどこかでまた会おう 行月 
---> 花吹雪じっと見とれて記憶する 行月 
---> うき世にもじっと見とれる桜あり 行月 
---> 心から見事なまでの桜かな 行月 
---> 桜まで待ち望みつつ今がある 行月 


/*葉桜に*/
/*区切りをつけて*/
/*歩き出す*/

/*桜舞う*/
/*めでたさどこか*/
/*ウソのよう*/