2019年9月19日木曜日

近況

<<追記20190919
今日も仕事した。夕食の買物して帰った。
仕事も段々慣れてはいるがまだまだである。明日も少し違う仕事するようである。
何事も慣れるまでが大変である。どうも週初めが仕事がたまって大変のようである。
今週も土曜と月曜を欠勤するのでそれで火曜日が大変のようである。
今週も火曜が大変だった。それでもこなしたので来週はどうなるか私にもわからない。

今日は私自身一応変な事も無く無難だったように思う。
結局マイナーチェンジするしかない感じである。なかなか整合性がたもてない。
今の所出来るのはあんな事があるからこうしようぐらいである。
そんな妥協の産物で続いている。それでも今日は不整合が無かったから
慣れれば整合性はたもてるかもしれない。
それでも毎日やってみないとわからない感じではいる。

今週の三連休は雨らしい。それでさわやかウォーキングの22日は断念する予定でいる。

あんまりやりたい事もない。今まで通り続けるだけである。
そんな投げやりな態度で日が進んでいる。
何となく仕事も同じである。あんまり結果に期待していない。
ともかく続けるだけである。そうしてなんか発想すると良いなあぐらいしかない。
それぐらい生きていると何かあるかもしれないで生きている。
それぐらいしか期待値がない。それでこれ以上どうすんのというのが本音でもある。
それでも生きるとはそういう事のように思う。

明日もよろしく。
<<追記20190919end

<<追伸20190919の小言
今晩は短歌を一首作る予定である。もしかしたら録画を一本消化したい。
おおむねゆっくりするつもりである。
とりあえず明日一日仕事である。ボチボチやりたい。
<<追伸20190919の小言end

2019年9月18日水曜日

近況

<<追記20190918
今日も仕事した。夕食の買物して帰った。
水木金と自由行動である。昨日は何とか日課をこなした。
今晩は短歌を一首作りたいなあと考えている。
今週の短歌と俳句の準備もする。疲れたには疲れた。

色々整合性がとれなくて悩んでいる。あんまり良い人生で無い。
それを如実に感じる。それが世の中の滅茶苦茶を感じる。
そんな事を許して良いのか私にはチンプンカンプンである。
もっとまともな人生を送りたい。それが私の本音である。

他人がうまく仕事しないのは私には関係が無い。

本当に参るよなあと思う。

それで悟りがひらける気がしない。もっと他人が真面目に生きないと不可能である。
あまりに不真面目過ぎる。それに私は抵抗出来無い。

それでも私は自己修正しかない。それもそれで犯罪レベルである。
もっと役に立つ人間が必要である。それが犯罪レベルである。
何で私だけが最後の砦にならなああかんのか障害者としては文句タラタラである。
もっとまともな人間いないのかと思う。

明日もよろしく。
<<追記20190918end

<<追伸20190918の小言
月曜日の祝日はアラビア語のアルファベットと韓国語の発音を覚えたけど
今日にはもう忘れている。フランス語の発音も少し本で読んだ。
それもそれで慣れかなと思う。仕事も慣れないけど総じて慣れかなと思う。
今週は秋分の日をむかえる。明日も仕事ボチボチやりたい。
<<追伸20190918の小言end

2019年9月17日火曜日

近況_take2

<<追記20190917
今日も仕事した。何か三回ぐらい失敗した。明日の反省点である。
なんか自分の整合性が欠けている。それが自信の無さにつながっている。
私にあるのは続けるだけのように思う。何かこのペースだと年末までかかりそうである。
判断するのは私じゃあ無いのでとりあえずやるだけやる。
それでも明日の自己修正が気になる点である。

今日は日課をこなすつもりでいる。それぐらいしか取り柄が無い。
もっと未来を明るくする政治が私の期待である。
何かこのまま行くとドツボである。
なのであんまり私が政治家やれる気はしない。だからこそ政治に期待している。
もっとこの日本を明るくするように活動しないと最悪な未来が待っている。
それは日本人一人一人の問題だけどこのまま行くと最悪である。
もっとこんな事出来るよねあんな事出来るよねと進めていかないと最悪である。
それが私の抵抗である。もっとそういう人を増やしていかなああかん。

それにしても会話が通じない女はどこに取り柄があるのかわからない。
男も男で小学校から算数が通じない。
私がウソを言っている根拠は何なのか私にはわからない。
男が正しいから私が間違っていると言われてもそれは通らない。
その正しい根拠が私にはわからない。
そんな事より算数が通じなくて高卒の方がもっと問題である。
それのどこが学歴職歴なのか私にはわからない。
これでバカじゃあ無いと言われても私は信じ無い。
どう見ても算数上通ら無いのに男が正しい根拠は何なのか私にはわからない。
正義だからとか言われても現実問題としては不成立である。
それを私にはどうしようもない。それが私の現実である。
もっと現実直視して欲しいぐらいしか私には感想が無い。
それでどうして私がウソなのか私にはチンプンカンプンである。
男が正しい正義だからと言われても私はそれを信じられ無い。
現実と理想が乖離している。それが問題の根本である。
そんな問題をかかえて卒業した。それが私の努力につながった。
それが努力の結晶になった。他人のチンプンカンプンなんて今更どうでも良い。
それぐらい格闘したのである。それがわからない以上いつまでも平行線である。

<<追伸20190917take2
それで本人が正義だから他人はウソという根拠が私には信じられない。
それでどうやって他人が仏になれる気がしない。
自分だけが仏の根拠なのか私にはわからない。
それでは仏は悲しむと思う。そんな世界を仏は考えていないと思う。
私は私がどうであれ他人が仏になれると思う。
それが他人にはそれが無い。本人だけが仏である。それで私はウソである。
そんな世界を仏は考えていない。どうしてそれで算数も通じない。
たくさんの仏を仏は考えている。
あっちが成立しないからこっちが成立しないなんて仏は考えない。
本人が成立しないのは私の問題では無い。
そんな事考えて仏も世の中も動いていない。だから本人に関係無く仏になれる。
それが私なりの解釈である。
<<追伸20190917take2end

明日もよろしく。
<<追記20190917end

<<追伸20190917の小言
今日は風呂入ってしばらくパソコンと格闘する。
短歌も作りたいなあと思っている。しばらくゆっくりモードである。
それも一つの経験かなあと思う。
明日も仕事である。ボチボチやりたい。
<<追伸20190917の小言end

2019年9月16日月曜日

近況

<<追記20190916
今日は祝日だった。予定通り電子書籍を読んだ。
メールチェックもした。明日からまた仕事である。
何となく仕切り直しである。やれるだけやるところまでやるつもりである。
色々変な気はするが前を向くことが大事かなと思っている。

どうせ似たような仕事しか存在しないのなら腹はくくれる。
そんな感じで明日をむかえる。

今の所韓国語の発音とアラビア語の発音が当面の課題である。
韓国語の発音はあともう少しのように思う。
アラビア語は全然自信が無い。中国語考えたら発音は大事な部分のように思う。
今日はアラビア語の対策に発音の本についているDVDを使おうかと思いついた。

明日から通常モードである。全体的に秋だからか前を向いている。
なるようになれぐらいしかない。
今晩は少し韓国語とアラビア語やろうかと思っている。
三連休のせいか録画がたまってしまった。来週も三連休だから良しとする。

明日もよろしく。
<<追記20190916end

<<追伸20190916の小言
今晩は録画と韓国語とアラビア語やろうと思っている。
全ては何とかなるだろうと思っている。そんな思いで夜長が過ぎる気がする。
明日もボチボチやりたい。
<<追伸20190916の小言end

2019年9月15日日曜日

近況

<<追記20190915
今日は庭の手入れを少しした。芝を刈って草抜きをした。
それ以外にも色々用を足した。何となく自分を見失っている気はする。
あんまり何が正解なのかわからなくなっている。
仕事の影響のように思う。それが賢者では無い気はする。
何か無理をし過ぎている気はする。
そんな簡単に慣れる気がしない。ただあるのは正確にやるしかない。
それでスピードも必要とされる。何かバランスが悪い。
それでも正確性がもっと大事に思う。
あんまりそれでも賢者になれる自信は無い。
不安要素で明日に持ち越しである。それが今日は内面化したように思う。
昨日と一昨日は忙しかったのでそれが出てこなかった。

何かもっと希望のある仕事がしたいなあと思う。
あんまり自分のしたい仕事じゃあない。
それがどこの職場にいても感じる。
みんな似たり寄ったりである。その現実を突きつけられてあきれている。
なのでどこに行っても同じような気がする。
それが私の置かれた現実にどうしようもない感じがある。

明日もよろしく。
<<追記20190915end

<<追伸20190915の小言
今日は本を中心に消化した。明日は電子書籍を消化する予定である。
短歌と俳句は消化した。明日も予定に入っている。
今晩はメモにとる予定でいる。明日もボチボチやりたい。
<<追伸20190915の小言end

2019年9月14日土曜日

近況

<<追記20190914
今日はおばさんの四十九日だった。私の役目は果たせたかわからんけど
一応終了した。色々やる事やって今日もやる事終えそうである。
この二日間忙しかった。とりあえず今晩からゆっくり出来そうである。

昨日の感じだと愛が必要であれば愛を語り
勇気が必要であれば勇気を語る。そんな気がしている。
他に必要なものはあんまり無い。賢者が必要な気は私にはしない。
それが私自身がエリートじゃあ無い裏返しのように思う。
それがまた私が倫理を必要としない理由かもしれない。
嫌韓がいけなくて反日はしょうが無い根拠が私にはわからない。
お金の出所も気になる。嫌中じゃあ無いのは中国が反日をやめたからのように思う。

色々不確かな情報でツイッターが成立している気がする。
そんな手前疲れの原因を作っている気がする。

色々未来が不安でしょうがない。それが私が勇者バージョンを書けた理由のように思う。
あるとしたら賢者バージョンかなと思うけどあんまりそんな時が来るように思えない。
私がそんな交通整理をする事あるなんて想像出来無い。
なので永久にありえない気がする。ただあるのはもっとしっかりいきることである。
それが不可能だから私に問題がやってくる。
そんなの他人の責任転嫁である。私にも如何ともしがたい。
私としてはありえるようにいきるだけである。他人が頼りにならない。
結局私はいばらの道である。そんなの許してどうすんのと思う。
どこにそんな正義が成立するのかわからない。ただ迷惑なだけである。
それを許す社会も社会である。結局会話が成立しない。
ただひたすらにどうしようもないだけである。
この時賢者はどうすんのか私にも未だに想像出来無い。
もうちょっと頭冷やして考えたい。

明日もよろしく。
<<追記20190914end

<<追伸20190914の小言
今晩は好きな事やろうと思う。短歌と俳句も作りたい。
休日もあと二日あるのでゆっくり出来る。昨日と今日は大変だった。
明日もボチボチやりたい。
<<追伸20190914の小言end

2019年9月13日金曜日

短歌と俳句と草案

短歌十首更新 --->> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_9.html 


--->> 平等も条件違い複雑で屁理屈述べてあきらめきれぬ 行月 
--->> 平然と教育格差当たり前責任とらぬ教育者かな 行月 
--->> 知識無く文句ばかりが平等よ正論遠き自由こそなく 行月 
--->> 批判して出る杭を打ち持ち上げる本当のものあとかたもなし 行月 
--->> イメージで実力もなく政治だけ誇大妄想ついていけなし 行月 
--->> どこまでもまともでいたい現実にウソで固めた仮説が通る 行月 
--->> つまらなき女ばかりがウンザリで話にならぬ感情ばかり 行月 
--->> 権力をふりまわしても迷惑でプラスにならぬ抵抗ばかり 行月 
--->> この日本なくても進む世界からこたえるものは心のみかな 行月 
--->> 九月からやる事多く慣れぬなり対策練ってボチボチかしら 行月 


/*しのぶれど*/
/*わけもわからず*/
/*仕事あり*/
/*落ち着く暇も*/
/*整理がつかぬ*/

/*残暑から*/
/*あともう少し*/
/*言い聞かす*/
/*元気残して*/
/*一歩ずつかな*/

俳句九句更新 --->> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_9.html 


--->> 秋高く目指す目標それなりに 行月 
--->> 秋澄めば大きく吸って歩き出す 行月 
--->> 秋扇もうしばらくのご縁かな 行月 
--->> 秋めいてエンジンかかるもう一歩 行月 
--->> 空澄んでまわり見渡す興味かな 行月 
--->> 梨のある元気をもらい力こぶ 行月 
--->> 秋の朝色んな事がおもいつく 行月 
--->> 夜長からやる事やってあしたかな 行月 
--->> 秋の色何を求めていきるかな 行月 

/*やれやれと*/
/*台風過ぎて*/
/*仕事あり*/

/*秋の空*/
/*めがけて走る*/
/*バスの中*/

//日本国憲法前文草案勇者バージョン//
------------------------------------------------------------------------------------------
この閉塞した社会のために勇者となる。現実と理想の乖離が勇気をかきたてる。
いくつもの問題に挑戦することが自分の存在を成立させる。
その結果を出せば出すほど自分を肯定させる。
まさに火の鳥である。絶望の中に希望を見出すのである。
一切の愛を認め私は一人で立っている。あるのは勇気である。
それが自分を成立させている。果敢に挑戦することが勇者の使命である。
いくら何があってもそれに挑戦する事が勇者のあかしである。
他人がどうであれ自分一人で挑戦する事が自分にこたえたあかしである。
その勇気は他人ありきじゃあ無い。自分ありきである。
それが勇者の魂であり自分一人で立っているあかしである。
それだからこそ他人の愛を認める原因である。
おのれの愛をかかげて挑戦するのであり他人は関係無い。
一切の迷惑も与えず挑戦するのも勇者の愛である。
現実と理想が一致した時勇者の勝利である。
それは火の鳥であり自分の存在を肯定させる。
それが勇者の宣言である。
それが日本人に求められる勇者である。
そんな勇者が生まれる環境を作るのが日本社会の使命である。
それを許さないのは悪徳である。
勇者として生きれるための法律である。それが日本社会最大の使命である。
そんな他人を許せないのはお互い迷惑なだけである。
それをさせないのも日本社会の使命である。
勇者に残るものは火の鳥である。それでこそ日本社会が成立する。
それこそ日本がたたえられる原因である。それを作るのが日本社会の使命である。
------------------------------------------------------------------------------------------
//日本国憲法前文草案勇者バージョン//